NURO光の工事は2回必要!開通工事にかかる時間や料金、電話でのやりとりなどを書いてみます!

こんにちは。昨年末と今年の夏、それぞれNURO光の工事を申し込んだ経験のあるとみっちです。

NURO光を申し込むにあたって、開通工事が2回必要な点や、かかる時間や必要な料金、またどのような工事だったのか気になりますよね。

今日はそんな人に向けて記事を書いてみます。

NURO光の工事

NURO光の工事は、宅内工事と屋外工事の2回必要となります。

簡単に、開通までの工事の流れをまとめてみます!

開通工事の流れ

  1. 申し込み

  2. 工事日調整の連絡
    ※NURO光開通センターから電話が来る

  3. 宅内工事
    立会いが必要

  4. 屋外工事
    立会いが必要

    【祝開通!】インターネット利用開始!!!

開通までは順調な場合で1ヶ月程度、場合によっては2ヶ月以上かかることもあるんですよね。

我が家では、今年8月に行った2回目の屋外工事の日程がなかなか決ままりませんでした。。

是非、余裕を持って申し込むようにしましょう。

続いて宅内工事と屋外工事の説明をします!

宅内工事と屋外工事では下記の工事担当者が来ます。

宅内工事NURO光の工事担当者
屋外工事NTTの工事担当者、NURO光の工事担当者

通常、宅内工事は家の中に担当者が入ってくるけど、屋外工事ではインターホン越しのやりとりだけになるはず。

どちらも家にいないといけないので、NURO光開通センターと電話で調整をして、都合をつける必要があります。

NURO光のサイトを見ると、宅内工事と在宅工事は下記のようになると書かれていました。

NURO光の開通工事の流れ

宅内工事

1回目の宅内工事ではSo-netのNURO光工事担当の人が来ます。

今年7月にやった我が家の宅内工事の場合は、工事担当者は2名でした。

1人が家の中でONUを置いて、モジュラージャックの確認などをしていて、その間にもう1人が屋外で、光キャビネットの確認などをしていたようです。

幸い、我が家はフレッツ(FLET'S)光利用可能物件だったので、アパートの中は光ケーブルが敷設されていることが分かり、1時間もかからずに宅内工事は終了しました。

これが、僕が作業完了書にサインした書類です。

土日祝日の場合は3,000円(税抜)別途作業費が請求されてしまうんですよね...。

平日だったので無料だったのですが、土日しか都合がつかない人は費用が発生する上に、予約も取りづらいのがきついところ。

今の家ではなく、昨年2015年12月にNURO光の工事をした、以前住んでいたアパートでは、1回目の工事でエアコンダクトから光ケーブルを入れて、ONUまで接続するという作業をやってもらいました。

壁には一切穴を開ける工事をせずに、エアコンダクトの蓋を外して代わりにパテ盛りをしてもらい、防水処理(コーキング)という対応でした。

当時はこんなNURO光のミニサイトを作り込むと思ってもいなかったので、写真を撮っておけばよかったです。

賃貸住宅の場合
エアコンダクトから通す場合でも、ビスを止める穴を壁に開けるなどの対応が必要になることがあります。

賃貸物件であれば、必ず不動産屋管理会社に事前確認を取るようにしましょう。

我が家では、昨年の12月の工事は、

不動産
エアコンダクトから通すのであれば大丈夫ですよ!

と不動産から許可をもらったので問題ありませんでした。

退去時に現状復帰できるようにしておきましょう。

NURO光の開通工事の流れ

設置されるONUの詳細を見たい人は、「「11ac」対応の最新ONU「HG8045Q」と「ZXHN F660A」」を読んでくださいね。

屋外工事

屋外工事では、最寄りの電柱から光ケーブルを引き込む作業をするんですが、自宅の近くまで光ケーブルが来ていない場合、NTTが工事をする期間が長くなるため、開通時期は遅くなりがちですね。

今年2016年8月に実施された、我が家の近所での屋外工事はかなり大掛かりなものでした。

屋外工事予定日の前日には、近くの電柱付近で、交通誘導係の人も含めて5、6人で工事をしていました。

前日に、事前工事をしておくものなんですねー。

屋外工事当日は、工事予定を午後に指定していました。

家で待っていると、NTTから電話が来て、

NTT工事担当者
午前中に工事は完了しています!

とのことでした。

そして、その後、NURO光の工事担当者が12時ちょっと過ぎ頃に我が家のインターホンを鳴らし、

NURO光工事担当者
こちらの作業も完了したので、インターネット使えるようになったかと思います。

といった説明を受けました。

屋外工事日当日は、実にスムーズに完了したのでした。

So-netのサイトを見ている限り、恐らく、NTTの工事担当者の作業は、最寄りの電柱から自宅へ光ケーブルを引き込む作業をしていたのでしょう。

そして、NURO光の工事担当者は、引き込まれたケーブルを光キャビネットに接続するという作業を実施していたのだと予想されます。

なお、光キャビネットが2階に取り付けられている場合、自宅に入り、ベランダや庇(ひさし)、屋根などに上がることがあるみたいですよ。

そういえば、以前auひかりの工事では、賃貸アパートの2階だったので、屋根や雨どいにあったフックを利用して、タイラップで光回線を固定していた記憶があります。

同じような工事をすることでしょう。

NURO光開通センターとの電話のやりとり

NURO光のコールセンターと電話をして、大抵の場合は、すごく丁寧に詳しく教えてくれる対応をしてもらって嬉しかったんですが、開通センターの人とのやりとりはあまりいい記憶がありません。

今年7月の宅内工事の予約はすぐに決まったんですが、その後、屋外工事の予約日がなかなか決まらなかったんですよね。

開通センター: 「予約日が決まり次第ご連絡します」

2週間しても連絡がないので、

僕: 「まだ予約日は決まりませんか?」

開通センター: 「申し訳ありません。NTTに至急確認してご連絡いたします。」

その後、連絡が来ない!

僕: 「どうなってるんですか?」

開通センター: 「光回線を引くルートを決めるのに難航しているようでして。。またご連絡します。」

その後1週間待つ。

僕: 「連絡来ないんですが、どうなってますか?」

開通センター: 「ご案内できる日時がございます! 8月x日です!」

僕: 「・・・」

正直ね、呆れてしまいましたよw

連絡しますと言っておいて、2回も3回も連絡してこないという事態でした。

NTTと工事の連携がちゃんと取れているのか心配になりました。

NURO光が開通した今となっては、不満な点はないんですが、工事の調整に関しては悪い印象を持ちました。

特に、引越しで光回線の申し込みが集中する3月、4月頃と、9月、10月頃は、十分に余裕を持って申し込んだほうがいいんじゃないかなと思いますね。

So-netがメールか電話で、もう少し状況をきちんと説明してくれることを願います。

NURO光の申し込みはキャッシュバックを利用

Webでの申し込み限定で下記の特典があります。

NURO光 3万円キャッシュバックキャンペーン 申し込み
  • 30,000円キャッシュバック
  • 契約初月の料金無料
  • 工事費40,000円が実質無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が永年無料(通常毎月500円)
  • So-netの設定サポートが1回無料

So-netが公式に行っているキャンペーンで、安心できるという点が一番の決め手でした↓

NURO 光 公式