フレッツ 光ネクスト ギガラインタイプの速度と料金について

今回はNTTフレッツ光ギガラインタイプについての速度と、サービス全体の料金についてまとめます!

ギガラインの料金について

NTTフレッツ光が提供するインターネットサービスには、

戸建てタイプで7種類、光配線方式のマンションタイプで4種類

の料金体系があります。

以下がNTTフレッツ光の戸建てタイプの料金と(光配線方式)マンションタイプの料金の一覧表です。

NTTフレッツ光戸建てタイプの料金プラン

料金は全て税抜き価格です。

サービス名料金概要
ギガスマートタイプ5,700円1Gbps対応 無線機能付き
ギガラインタイプ5,400円1Gbps対応 無線機能無し
ファミリーハイスピードタイプ5,200円下り200Mbps 無線機能無し
ファミリータイプ5,200円下り100Mbps 無線機能無し
ニューファミリータイプ5,200円下り100Mbps 無線機能無し
(新規申込終了)
ライトファミリー2,800円~5,800円下り100Mbps 二段階従量制
無線機能無し
ライトプラスファミリータイプ3,800円~5,500円下り100Mbps
ライトより容量アップ 無線機能無し

NTTフレッツ光マンションタイプの料金プラン(光配線方式)

サービス名料金概要
マンションタイプ
(プラン1、プラン2、ミニ)
3,350円~4,350円下り200Mbps 無線機能無し
ギガスマートマンション3,850円~4,850円1Gbps対応 無線機能付き
ギガラインマンションプラン3,550円~4,550円1Gbps対応 無線機能無し
ライトマンションプラン 2,000円~4,300円下り100Mbps 二段階従量制
無線機能無し

この金額は、にねん割やフレッツメンバーズクラブなどの割引きや消費税を抜いた金額です。

また、マンションタイプはこの光配線方式の他にLAN配線方式とVDSL方式タイプがあります。

しかし、残念ながらこのギガラインタイプは光配線方式のみに提供されておりLAN配線・VDSL方式の方は定額制しか利用できません。

この金額から分かる通り、従来の定額制と無線付きのギガスマートタイプの中間にギガラインタイプが設定されています。

個人的には従来タイプより200円アップでスピードが上がるのなら安価でありお手頃な価格と考えて満足しています。

無線ルーターなどは自分で好きなものを購入すれば良い話ですからね。

私は途中でサービス変更したので変更工事料金は2,000円(消費税別)でしたが、新規開通時に最初からギガラインタイプやギガスマートタイプにて開通すれば、定額制と同じ工事料金で開通可能です。

ギガラインタイプの速度について

フレッツ光をスピードアップ!ギガラインタイプ(1Gbps)へ変更した理由」に回線速度調査の画像を載せています。

ギガラインタイプですと、回線が空いている時間帯であれば、

下り 240Mbps

前後の速度が出ています。

ファミリーハイスピードタイプを使ってた頃は、

下り 80Mbps~130Mbps前後

でした。

下り200Mbpsを謳っていても、実質はこのくらいの速度なのかと感じていました。

ラディッシュスピードテストは、同じ地域の方が速度調査した結果で利用サービスとプロバイダー名が分かるので、

「あれ!? 同じサービスでプロバイダーも同じで同一県内でもずいぶんとスピードが遅いんだな?」

などと、様々な情報を得ることができます。

また、NTTフレッツ光の公式ホームページ内にあるサービス情報サイトでもスピードを測定可能です。

夜10時位で200M以上の速度でなかなか快適な利用環境です。

ギガに変えてもどうも安定しない、環境をプロバイダー含め見直してみようという方は下記サイトを是非ご活用してください。

NTTフレッツ光スピード測定

ラディッシュスピードテスト

最終的な結論としては、私はギガラインタイプの料金や速度について、十分満足しています。

フレッツ(FLET'S)光に新規で加入予定の方

キャッシュバックを受け取りつつ加入する方法があります。フレッツ光の申し込みの際には検討してみてください。

【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県に住んでいる人は...

フレッツ光よりも利用料金が安い、NURO光がオススメできます。
当ブログでNURO光を徹底的に解説しているので、是非読んでくださいね。

NURO光
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。