フレッツ光OCNからドコモ光への乗り換えを決めた理由

フレッツ光OCNからドコモ光への乗り換えを決めた理由

私は今まで自宅マンションでフレッツ光を契約していました。

ネット利用のために契約していたプロバイダはOCNです。

しばらく使っていて、フレッツ光のサービス内容に対して基本的には満足していたものの、月額料金などいくつかの場面で不満が生じてきました。

色々調べてみたところドコモ光に乗り換えればフレッツ光OCNの利用における不満の多くを解消できるということで、先日乗り換えを決意し早速手続きを行いました。

現在は、転用手続きの完了を待っている状態です。

今回は私がフレッツ光OCNの組み合わせからドコモ光への乗り換え転用を決めた様々な理由について、詳しくお伝えします。

私と同様にフレッツ光とプロバイダの契約に不満を持っている方や、これから引っ越しなどを機に光回線の契約を考えている方は、私の経験談を参考にしてもらえたら嬉しいです。

今までフレッツ光OCNを契約していた理由

私は動画を見たりニンテンドースイッチなどでゲームソフトを購入してデータをダウンロードしたりと、毎日通信量をたくさん消費します。

過去にはWiMAXなどのいわゆる「ポケットWi-Fi」を使っていたこともあるのですが、使いすぎで速度制限に悩まされていました。

快適かつ自由に使える光回線を契約したいと感じ、引っ越しを機に光回線に移りました。

今住んでいるマンションへ引っ越した際にフレッツ光とOCNの契約を選んだ理由は、

  • フレッツ光とOCNはどちらも大手であるため、安心感がある
  • 過去に実家でOCNフレッツ光の組み合わせを契約していて、使っていて特に速度面で不満を覚えることはなかった
  • フレッツ光なら、上りも下りも最大1Gbpsで契約することができる

以上3点です。

要するに、「速度」と「ネームバリュー」が契約の理由ですね。

実家では現在J:COMを契約しているのですが、選んでいる最高速度のプランでも上りの通信速度が最大10Mbpsに制限されているために度々不満が生じていました。

旅行中に撮った写真データの転送やiTunesで音楽データをクラウド上に転送する作業において、アップロードが終わるまでに時間がかかっていたんです。

そのため、最大1Gbpsで速度が速いと考えられるフレッツ光を選びました。

なお他にも「auひかり」など候補はありましたが、私の住むマンションはちょっと都会から離れたところにあるため、1Gbpsの速度でも契約できるのはフレッツ光だけでした。

乗り換えを決意した最大の決め手は、フレッツ光OCNよりもドコモ光の方が安いこと

私がフレッツ光をしばらく利用していて感じた最も大きな不満は、フレッツ光OCNの組み合わせだと月額料金が高いことです。

私はマンションでフレッツ光の「マンション・ギガラインタイプ」を契約し、プロバイダをOCNにしていました。

フレッツ光OCNの月額料金税別は、

フレッツ光3,950円
OCN700円
合計4,750円

この通り、4,750円(税別)となっていました。税込みでは5,130円ですね。

通信量を気にせず自由に使えるのは大きなメリットですが、スマホ代や家賃なども合わせると月々の支出がとても多く、できればもっとネット代が安くなって欲しいと考えました。

フレッツ光で1Gbps契約をしたものの、速度は100Mbps出なかった

光回線の月額料金が高いと感じてしまったのには、もう一つ理由があります。

それは、1Gbps契約なのに、100Mbpsも速度が出ていないことです。

私のマンションでは100Mbpsと1Gbpsの2種類でプランが展開されていたのですが、速度を重視して1Gbpsで契約しました。

しかし、実際にスピードテストをしてみると、1Gbps契約のはずなのに上りも下りも100Mbpsを切っているんです。

LANケーブルや無線ルーターなどを買い換えて整備してもダメでした。

つまり謳っているほど速度が出ないため、「無駄に高い月額料金を支払っている」と感じてしまったわけです。

実際に何度かスピードテストを行ってみたので、ご覧ください。

フレッツ光(OCN)の光回線速度調査結果

朝(8時25分)

フレッツ光 回線速度 朝

夕方(18時54分)

フレッツ光 回線速度 夕方

夜(21時16分)

フレッツ光 回線速度 夜

夜(23時49分)

フレッツ光 回線速度 深夜

見ての通り、朝と晩に合計4回計測したところ、一度も100Mbpsを超えませんでした。

ただし使用感としては、上り・下りが100Mbps以下でもまったくストレスを感じていません。

「最大1Gbps」なのに100Mbps出ていない事実には間違いなく不満がありますが、速度そのものは満足でした。

そのため「これ以上速度が速くなって欲しい」とは考えず、変更によって100速度が上がる保証もないのに他のプロバイダにわざわざ乗り換えようとも思いませんでした。

どうせ速度が1Gbps出ないなら月額料金はもっと安くなって欲しいけど、OCNから移る気はなかったということです。

ドコモ光に乗り換えれば、速度はそのままで月額料金が割安になることがわかった

手間をかけずにもっとネット代を安くできる方法がないか調べたところ、フレッツ光とプロバイダがセットになったサービス「光コラボレーション」のドコモ光が目に付きました。

なぜ目に付いたのがドコモ光だったかというと、私が契約しているスマホがドコモだからです。

ドコモの公式サイトやドコモショップでドコモ光というサービスを知り調べてみた結果、ドコモ光でもOCNをそのまま利用できてなおかつ月額料金が安くなることがわかりました。

ドコモ光では複数のプロバイダの中から好きなものを選んで契約でき、その候補の中にOCNがあったんです。

フレッツ光OCNとドコモ光をOCNで2年契約した場合の月額料金(税別)を比較してみると…

フレッツ光OCN4,750円
ドコモ光OCN4,200円

この通り、550円(税別)の差があります。

1年単位で考えると、6,600円(税別)の金額差になりますね。

ドコモ光はフレッツ光の光回線とOCNのプロバイダがセットでこの価格ということで、通信速度も基本的に変わらず月額料金だけ安くなるんです。

内容が変わらないなら変えてしまうに越したことはないと考え、早速乗り換えの手続きを行いました。

「転用」での契約になるので、工事の必要が無いのもメリット

フレッツ光からドコモ光に移行する場合は違約金などが特にかからず、工事も不要であることも乗り換えの後押しになりましたね。

今使っているONUや無線ルーターなどの機器はそのまま契約だけドコモ光に変わるシステムなので、手間をかけずに乗り換えられるため気軽に転用手続きを始められました。

フレッツ光 OCN ドコモ光 ONU

ドコモ光に乗り換えると、セット割でスマホ代が下がるのも嬉しい

光回線の変更だけでも月額料金が550円(税別)ほど下がりますが、それだけではなくドコモのスマホ代も割引になります。

私はドコモのスマホを5GBプランで、月5,500円(税別)ほどで契約しています。

しかし、ドコモ光に乗り換えると800円(税別)の割引が適用されて、月4,700円(税別)にまで下がることが分かったのです。

ドコモ端末(スマホ)の詳しい料金内訳(税別)は、以下の表の通りです。

カケホーダイライト1,700円
SPモード利用料300円
データMパック5GB5,000円
docomo with-1,500円
セット割-800円
合計4,700円

つまり光回線代550円(税別)とスマホ代800円(税別)で、これまでよりも合計1,350円(税別)も月々の支払金額が安くなるわけです。

これもまた大きなメリットですね。

フレッツ光OCNからドコモ光OCNに変更して、先ほど書いた光回線の割引550円に、ドコモのスマホ代の割引1,350円を合算すると、

毎月1,900円の割引

となったと言えます。1年で考えると、22,800円の割引と言えます。

もし家族などで複数ドコモの端末を利用している場合は、利用している台数分割引が適用されるため、かなり大きな割引が期待できます。

私はドコモを契約してからまだ1年も経っていませんが、今後契約年数が長くなっていけば「ずっとドコモ割」が適用されるため、スマホ代がここからさらに安くなるのも魅力的です。

スマホ代もけっして安いとは言えず光回線に次いで負担に感じていたので、ドコモ光に乗り換えることでスマホ代まで下げられるのはありがたいです。

ドコモ光に乗り換えることで、支払いが一つにまとまることも魅力的に感じられた

月額料金以外でフレッツ光とOCNを契約していて不便に感じていたことに、支払いがバラバラで分かりづらいことも挙げられます。

フレッツ光の支払い料金はeビリングというサイトから、OCNの支払い料金はOCNの公式サイトから確認しなければいけません。

月々のネット代は固定なのでそれほど頻繁に確認することはないのですが、たまに確認しようとすると手間がかかってしまい不便でした。

ドコモ光に乗り換えれば光回線とプロバイダの支払いがまとまるうえに、スマホ代まで合わさります。

明細もすべてまとめてMy docomoから確認できるので、分かりやすいのはメリットだと感じました。

ドコモ光への乗り換えでdポイントが10,000ポイントもらえるのも魅力だった

転用なので工事費やフレッツ光の違約金はかからないものの、ドコモ光へ乗り換えるにあたって初期費用が3,000円(税別)ほどかかるのはちょっと不満に思いました。

3,000円というと、私にとって電気代一ヶ月分と同程度。

その後ずっとネット代やスマホ代が下がるとはいえ、出費としては大きいです。

しかし、dポイントが10,000ポイントもらえるキャンペーン中だったので、最終的には納得して転用手続きを行いました。

dポイントは、ローソンなどの店舗で使えるポイントですね。それだけでも十分魅力的ではありますが、dポイントはドコモの料金の支払いにも使えるんです。

つまりポイントが付与され次第、初期費用分のポイントをドコモのスマホ代・ネット代から差し引くようにすれば、実質初期費用はかかりません。

さらに7,000ポイント程度余るので、これもドコモの支払いで使えば一月分のドコモ光の月額料金に加えて少しスマホ代も減らせることになります。

10,000ポイントがもらえるキャンペーンも、フレッツ光からドコモ光へ乗り換えることを決めた理由ですね。

まとめ

フレッツ光OCNの月額料金の高さに不満を覚え、ドコモ光に乗り換える手続きを行いました。

ドコモ光に乗り換えることにより、ネット代が550円(税別)ほど安くなります。さらに加えてスマホ代も下がります。

他にも今まではバラバラだった光回線とプロバイダ、そしてスマホ代の明細表や支払いがまとまったり、初期費用を大きく上回るポイントをもらえたりと、メリットがたくさんありました。

ネット代やスマホ代を安くしたい方は、私のようにドコモ光への乗り換えを検討してみても良いでしょう。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

フレッツ光OCNからドコモ光への乗り換えを決めた理由

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景