SoftBank光からauひかり(So-net)へ契約期間わずか6か月で乗り換えた理由

SoftBank光からauひかり(So-net)へ契約期間わずか6か月で乗り換えた理由

今回の記事では、SoftBank光を申し込んだものの、申し込み後6ヶ月でauひかり(So-net)へと乗り換えた理由をお話しします。

「SoftBank光」から「auひかり(So-net)」へわずか6ヶ月で乗り換え

6か月という超短期間でSoftBank光を解約したのですが、もともとはYahoo! BB 光 with フレッツをおよそ7年使っていました。

SoftBank光に変更した理由

SoftBank(ソフトバンク)光 ルーター

SoftBank光に変更した理由は、メールアドレスと光電話番号がそのまま使用することができ、工事も不要でこれまでYahoo! BB 光 with フレッツで月額6,800円(税別)を支払っていた料金が、5,900円(税別)まで下がるというDMがSoftBankから自宅に届いたので、切り替えをすることにしました。

当時、使っていた回線速度は100Mbpsを使用しており、せっかくの機会なのでSoftBank光への乗り換えと同時に、1Gbpsへの変更ができないかを確認したところ、

サポートセンター
キャンペーン対象外です。

とのあっさりとした事務的な返答でした...。

忙しかったこともあり、以前と同様の100Mbpsのプラン「光ネクスト(ファミリー・ハイスピード)」に安易に申し込んでしまった事が後に大きなストレスになることになるのです。

100Mbpsに不満を感じ始めたのはパソコンを買い替えた事が発端でした。

それまでは、インターネットは簡単な調べもの等にしか使っていなかったのですが、パソコンのスペックが上がったことで、HDの動画配信ネットゲームを始めるようになりました。

実際、お金を支払っているにも関わらず、映画鑑賞中に動画が停止する、ゲーム中に回線が切れる等、頻繁に発生していました。

光回線のストレスは意外に蓄積されていくもので、3か月程経過した時、多少の負担金は覚悟で1Gbpsに変更することを決意しました。

SoftBank光を解約する決定打

SoftBank光サポートセンターのフリーダイヤルが繋がらない

SoftBank光を解約する決定打の1つ目が起こります。

フリーダイヤルにかけたところ、長時間待たされたあげく、

サポートセンター
込み合っているのでお掛け直しください。

これを何度か繰り返しましたが、結局は有料番号に電話することになりました。

本当に困った時にサポートに繋がらなかったら、どうすればいいのだろう?

と不信感を抱きました。

電話での内容なのですが変更に関しての詳しい説明は店舗で説明を聞いたほうがいいとのことで、私のストレスはピークに達します...!

そして解約を決定づける2つ目が起こります。

店員の知識の低さ

回線変更に関する料金などの説明を受けるために店舗に行ったのですがここで大きな問題があったのです。

それは、

SoftBank店員はスマホには詳しいが、光回線については詳しくなかった!

ということでした。

結局、契約状況を調べることやカタログ上の説明のみで1時間以上かかり、最終的には、

SoftBank光
サポートセンター
申込は電話でお願いします...

と電話番号を渡されて終わりというお粗末な結果でした。

ただ、私のケースが特殊だったので、全ての担当者や店舗がこういった対応をすることはないだろうとは思います。

悪条件が重なり、SoftBank光を解約する決意をしました。

「auひかり」の内容を確認して光明が見えた!

SoftBank光の解約を決めて、どの回線に変更しようか考えていた時の事です。

ふと、光回線に関して書かれたWebサイトを閲覧していると、So-netが実施しているauひかりの「戸建て向け選べるキャンペーン」を見つけたのです。

通常であれば読み飛ばしてしまいそうなのですが、SoftBank光を解約しようと考えていたことから、じっくりと読むことにしました。

キャンペーンの内容がかなりお得で、タイミング的にバッチリだったため契約をするのですが、私としてはメリットばかりが感じられました。

また、某代理店に月々の利用料金の試算をしてもらったところ、SoftBank光の毎月5,900円(税込)から、auひかりでは毎月5,300円(税込)となることが分かりました。

auひかり コンサルティング

さらに、回線速度も1Gbpsと超高速になります。

この後、So-netが実施しているauひかりのキャンペーンを確認したところ、Web限定の申し込みで、月額2,980円(税別)〜の利用料金か、45,000円のキャッシュバックをしているという事実を知りました。

気持ちはauひかりへと一気に傾きます!

auひかりを即契約した理由

So-net光(au ひかり)キャンペーン
  • So-net公式45,000円キャッシュバックキャンペーン
    & 月額料金1〜30ヶ月目まで750円(税別)割引 ※初月無料
  • 3年間月額利用料金3,500円 2,980円(税別)〜 ※初月無料

    (1)か(2)のどちらか好きな方を選択できるキャンペーンとなっています。

  • auひかり 電話サービスが30ヶ月無料(通常毎月500円)
  • au端末を利用してれば、スマートバリューで最大毎月2,000円割引

※2017年5月にさらに安くなりました!

詳しくは公式キャンペーンページより確認してください。

私の場合は、悪条件が重なってしまい「SoftBank光」に見切りをつけ、好条件が重なった「auひかり」を選ぶことになったのですが、利用しているスマホだったり、ショップやどんな対応をされたかなど、相性も影響があるのかもしれませんね。

SoftBank光の解約はかなり手間がかかる

「auひかり」と無事契約を終えて、SoftBank光の解約手続きを行ったのですが、問い合わせの時と同様に電話が繋がらない!!

...いやー、またしても有料で電話をすることとなりました。

電話が繋がった後も解約理由、解約金額等の説明で30分ほどかかりました。

解約金については、私の場合は当初Yahoo! BBの回線をそのまま使用し、工事が発生していないことから、10,000円(税別)の支払いで済みました。

面倒だったのが機器の返却で、ONUはNTTの物を使用していた為、SoftBankとNTTの2か所にそれぞれ送らなければなりませんでした。

もちろん、送り状や箱の準備等は全て実費でした。

SoftBankに関しては付属品(ケーブル1本)に至るまで、送り返さなくてはならないので、長年使っていた場合には、どのケーブルだったかな...とかなり迷います。

以前、SoftBankのルーターの機種変更があった際、アダプターが違っていて、分からなくなった事があったのですが、返却請求があった事を覚えています。

やわらか銀行さんは、かなりのドケチですよ...!

今までの光回線で抱えていたストレスがなくなった

auひかり ホームゲートウェイ AtermBL900HW

そんなこんなで無事、光回線工事も終わり、いよいよ快適ネット生活が始まるとワクワクしながら、いざ、設定へ。

同時に無線LANにも加入したので、auスマホをauひかりのWi-Fiに繋がるように設定します。

同じau同士という事もあってか、あっという間に接続完了!!

ルーターに簡単に無線設定を行えるボタンがあり、数度ボタンを操作だけでした。

AtermBL900HW」というホームゲートウェイが送られてきていたので、省エネや設定を簡単に行えるように大きなボタンが側面に設置してあり、初心者にも易しい設計になっています。

やはり、使っている携帯と回線会社を同じにする事は料金的なメリットだけではなく、使い易さが魅力ではないでしょうか。

回線の速さを実感するために、3台同時に操作を行ってみました。

  • 楽天SHOWTIMEでのフルHD動画再生

    読み込みが早い!!以前の100Mbps回線では、再生ボタンを押してから1時間後にスキップしようとした際、かなりの時間が掛かっていたのですが、一瞬で再生が可能になりました。もちろん視聴中に止まってしまうこともありません。

  • ネットゲーム

    ネットゲームをしたことがある人なら知っていると思いますが、イベントなどで多くのユーザーが集まった時でもサクサクゲームを行うことができるようになりました。

    もちろんPCのスペックも影響すると思うのですが、SoftBank光の時と比べても明らかに動きが違うのです。

  • Windows8からWindows10へのアップグレード作業

    もっとも驚いたのがアップグレードに伴うファイルのダウンロード速度でした。
    もともと時間のかかるアップグレード作業なのですが、5分、10分早くなるだけでも、かなりのストレス解消になります。

    以前100Mbpsで行った際にはダウンロードに15分ほどかかったものが、今回は5分程度と圧倒的な早さでした。もちろん、作業を行う時間帯などで変わってくるとは思います。

回線を変更して困ることが1つあるとすれば、ダウンロード先のサーバーの性能が良い場合、HDDがフル稼働する為、他の動作が遅くなるという事くらいでしょうか。

auひかりの回線速度

皆さんが気になる、auひかりの実際の回線速度についても計測したので描いてみます。

auひかり 光回線速度 下り441.36Mbps

なんと、下り441.36Mbpsという、これまでからしたら驚きの速度となりました。

回線速度計測で有名な「RBB SPEED」が実施した「RBB SPEED AWARD 2016 - 回線事業者(契約プラン)部門」で、確認しても、全国的にauひかりの平均速度は高く、各地で最優秀賞を取得していました。

RBB SPEED AWARD 2016 回線事業者(契約プラン)部門

【出典】RBB SPEED AWARD 2016 結果発表

auひかりを使い続けるとお得に!!

どのプロパイダも行っているサービスなのですが、もちろんau光でも長期利用に伴う価格のサービスがあります。

私は「ずっとギガ得プラン」という1Gbpsのプランに加入したのですが、標準では5,600円(税別)のところ、1年目から100円引きになり、年を追うごとに100円ずつ安くなるサービスがついています。

例えば、2年目なら-200円で5,400円、3年目なら-300円で5,300円といった具合に、割引が加算されていくのでとてもお得です。

プロパイダは用途に応じて選べる!!

auひかりでは提携先として7つのプロパイダから自分にあったプロパイダを選ぶことができます。

  • au one net
  • So-net
  • @nifty
  • @t-com
  • asahi Net
  • BIGLOBE
  • DTI

私の場合、普段の生活がパソコン中心となっていて、回線切替の理由にもなった速度を重視するため、So-netにしました。もちろん、個人ではなかなか判断が難しいので、ネット上のクチコミなどを見て回りました。

So-netの会員では、Yahoo!に比べてポイントが使えるサイトに見劣りを感じ不安はありましたが、実際に使ってみると、困らない程度に充実していました。

また、他のプロバイダではありがちな面倒なメルマガ等が入ってこないので、So-netはオススメできるプロパイダだと思います。

なにより嬉しいのは、

コールセンターへの電話が繋がりやすい!!

という事です。

2か月程先の事になるのですが、引っ越すことになり、So-netに相談したところ、移転先の回線状況を調べて頂きました。

他にも疑問となる点をいくつか質問しました。

操作や設定などは、検索エンジンで調べれば何とかなる事が多いのですが、工事や契約の事となると、分からないことが多いので、丁寧に教えてもらえたのは本当に助かりました。

今まで、

ISDN → Yahoo ADSL → Yahoo光 → SoftBank光 → auひかり

と回線を切り替えてきたんですが、今回の「auひかり」が最も良い回線変更となりました。

今後もずっと使い続けていこうと考えています。

auひかりを検討している人で、プロバイダ選びの参考になれば幸いです。

【So-net公式】申し込みはキャッシュバックを利用

So-net光(auひかり)であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

Webでの申し込み限定で下記の特典があります。
現在キャンペーン中の3年間月額利用料金2,980円は、戸建て向け光回線(auひかり)としてギリギリの低料金にチャレンジしているとのことです!

So-net光(auひかり)選べるキャンペーン
  • 45,000円キャッシュバック + 月額料金割引
    もしくは、3年間月額利用料金2,980円(税別)〜
  • 契約初月の料金無料
  • セキュリティソフト(カスペルスキー)が1年無料(通常毎月500円)
  • So-net安心サポートが1年間毎月1回無料
  • auひかり 電話サービス(500円/月)が30ヶ月無料

So-netが公式に行っているキャンペーンとなります↓

So-net 光 (auひかり)
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

SoftBank光からauひかり(So-net)へ契約期間わずか6か月で乗り換えた理由