こんな意味が込められていた、悲しい「わらべ歌」

現代、あまり歌われなくなってしまった「わらべ歌」。

代々日本に歌い継がれてきたわらべ歌にはたくさんのメッセージが込められています。

こどもたちの遊び歌になっているわらべ歌ですが、その歌に悲しい意味が込められていることが多いのはよくご存じの方も多いと思います。

では、なぜそんな悲しい意味が込められているのでしょうか?

今回は、いくつかわらべ歌をピックアップしてその意味を覗いてみましょう。

子どもが売られていく「花いちもんめ」

「○○ちゃんがほしい、花いちもんめ」

このフレーズは皆さんもよくご存じですよね?

何人かでグループを作り、二手にわかれ、気に入った子を指名して仲間に入れるわらべ歌です。

大正時代につくられた「花いちもんめ」。

この時代は貧しく、食べるものも少なかったため、なんと子どもを手放すという家庭がいくつもあったのでした。

身売りはお金になるということもあり、泣く泣く子どもを売ってそのお金で生活する家は少なくなかったのです。

「あの子がほしい、花いちもんめ」

「あの子じゃわからん、花いちもんめ」

これは、女の子を売りとばす側と、その子の親との会話をうたったものです。

そして、じゃんけんをして、取引金額を交渉するのです。

今でも世界中で行われている人身売買。

こどもたちが遊ぶにはあまりにも衝撃的な意味が込められている歌ですが、目を背けてはいけない問題がこの歌には込められているのです。

「かごめ かごめ」悲しい少女の物語

ある昔、遊郭に売りとばされた少女がいました。

どこにも逃げることはできない悲しい少女のお話しです。

そもそも、この歌に出てくるかごめ

これは、「かがむ」の命令系で「かごめ」という言葉になりました。

「かごめ かごめ」では輪の真ん中にかがまされる遊びになっていますね?

歌詞に出てくる「籠の中の鳥」は、遊郭に売りとばされた少女を表しています。

そして、「後ろの正面だあれ?」これは、霊感を使って誰だかを当てるという意味が込められているのです。

少女はある夜明けの晩に脱走を試みますが、番兵に見つかり突き飛ばされてしまいます。

「つると、かめが、すべった」でも表されていますが、亀は男性器にも似ているため、男性客、鶴は白い衣をまとった少女になります。

男性と一緒に逃げた少女は、脱走に失敗したのす。

「後ろの正面だあれ・・・」

最後のフレーズには少女の怨念が込められているのでしょう・・・。

静かに!ハラハラドキドキな「ずいずいずっころばし」

江戸時代、お茶壷道中という、将軍様にお茶を届ける行列がありました。

この行列を妨げたり、無礼な行為があると、なんと首が簡単に飛ばされてしまうほどの罰を与えられてしまうのです。

行列の最中は、ご飯支度の煙すら許されませんでした。

「茶壷に追われて とっぴんしゃん」

お茶壷道中がはじまると、人々は家の中に急いで隠れ戸をぴしゃりと閉めます。

「おっとさんが呼んでも、おっかさんが呼んでも、ききっこなしよ」

たとえ父母に呼ばれても、返事は一切してはいけない。

「井戸の周りでお茶碗欠いたのだあれ?」

ガシャーン!とお茶碗を割ったという意味ですが、そんなことをした者は・・・

もうお分かりですよね?

怯えながら神社へ・・・「とおりゃんせ」

よく横断歩道の信号機で流れるこのメロディ。

この「とおりゃんせ」の短調の悲しげなメロディは耳に残りますよね。

色々な説がある「とおりゃんせ」ですが、様々な説の中で神社と関係があるとされているものがあります。

「とおりゃんせ」は江戸時代から現在に伝わってきました。

江戸時代のある村では7歳までは天神様のものであるとされていました。

この時代は食べ物もなく、伝染病も流行り、子どもが7歳まで生きられるかどうかというほどで、村人の親たちは、子どもが7歳まで成長できますようにと、紙を人型に切ったものをお守りとして持っていました。

そして、子どもがやっと7歳に成長したとき、そのお守りを天神様の神社へ収めにいきます。

「行きはよいよい、帰りはこわい・・・」

しかし、この頃はよく子どもがさらわれる時代だったのですが、子どもが姿を消してしまうと、子どもは天神様のものですから、村人は神隠しに合ったと信じ込んでいました。

行きはお守りを持っているので安心でしたが、収めた後は家につくまで分かりません・・・。

親たちは怯えながら神社へ向かうのでした・・・。

「こわいながらも とおりゃんせ、とおりゃんせ」

まとめ

ほんの一部のわらべ歌でしたが、どれも深い意味が込められています。

なんとも残酷なお話しばかりです。

昔だけではなく、今でも私たちの知らないところでもきっと残酷なことは行われていると思います。

誰もが平和を願っていますが、昔から、そんな平和の意味も込められ、悲痛なメッセージがわらべ歌となって、歌われ継がれたのではないのでしょうか?

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。