こんなメン募サイトはどうだろう?「ラクラクメン募(仮)」

the Saibaseでは幾つかサイトの企画があるんですが、お金と時間の関係上なかなか着手できずにいるメディアのアイディアが沢山あります。

その中には、僕ができるだけ早く世の中にあったらいいのにな〜と考えているサービスがあって、自分でずっと着手できないでいるよりは、誰かが作ってくれれば、それが凄く嬉しい。

という訳で、そういったアイディアを、今後時々放出したいと思います。

関係者には企画を伝えていたりするものもあるので、

「そのアイディア出しちゃうのー!?」

って言われそうですが、僕の頭の中にずっとあるよりは、せめてどんなもんかだけでもここに記しておくべきと考えています。

この業界、アイディアを思いついた時点では既に同じことを考えている人は何人か居て、後はいかに早くサービス化してリリースできるかどうかが重要です。

あ、もちろん僕が考えたアイディア以外のものは公開しません。

さて、今回のアイディアは「ラクラクメン募(仮)
 

メン募とは??

メンバー募集

メン募(メンボ)とは、バンドをする人であれば知っているであろうワードです。

メンバー募集の略です。

例えば、バンドを新規で組みたかったり、活動中であってもメンバーの脱退などにより、特定のパートのプレーヤーを探したいという時にメン募することとなります。

メン募するやり方としては、こんなものが考えられます。

  1. 友人に声をかけたり紹介してもらったりする
  2. 練習スタジオやライブハウスにメン募用のビラを貼ってもらう
  3. 雑誌のメン募欄を活用する(10年以上前はかなり多かったですが、今はだいぶ減った気がします)
  4. メン募サイトやメン募掲示板を利用する
  5. SNSを活用する

といった方法などがありますね。

僕もバンド活動をしていた際は、メンバー探しに2、4、5番あたりをやっていました。

特に今回考えてみたいのは、上記4番の「メン募サイト」に関してです。
 

メン募サイトとは?

実際に検索エンジンで「メン募サイト」と検索してもらうと幾つか出てくるんですが、バンドメンバーやミュージシャンなどを募集できるサイトです。

だいたいのサイトが、会員登録をして、それぞれのサイト内独自の掲示板や、メンバープロフィールを見てダイレクトメッセージを送信するといった仕組みになっています。

掲示板は、更新すると上位に表示されて、閲覧されやすくなったりします。

メン募機能以外にも、FAQ機能や、CDを流通させる有料サービス、ライブハウスのイベント募集や、出演者募集といったことができる機能を持つサービスもあります。

それぞれ特色があって見ていると面白かったりするんですが、いざ自分が使う際に色々なサイトでメン募して、それぞれのアカウントに届いた応募メッセージを日々確認してとなると、非常に面倒くさい・・・。

しかも、写真とか音源を載せている人ばかりではないので、何通かのメッセージを経てようやく実際に会ってみると、印象とだいぶかけ離れていたり、音楽性が合わなかったりして、それだけで結構無駄な時間を使ってしまうんですよね。

こういうことも、面倒くさがらずに日々頑張っていくのが音楽活動・・・なわけないですよね。

メン募なんてできるだけサクッと終わって、いいと思えるメンバーと曲を作ったり、バンド練習したり、音楽的な活動に労力を割くべきですよね。

おまけに、セッションしないと合う合わない、上手い下手わからない部分もあるし、できるだけセッションの回数を増やしたほうがいいのです。

そこで、こんなメン募サイトがあればいいなと考えました!
 

ラクラクメン募(仮)のアイディア

Twitterアカウント、音楽活動を頑張っていきたい人ならほとんどみんな持ってますよね?

ラクラクメン募(仮)では、Twitter上でメン募することに特化します。

Twitterにはハッシュ「#」と呼ばれる機能があるので、これをフルで活用して、例えばTwitterのつぶやきで、

「カオティックハードコア系の音楽をやっているxxxです。ベーシストを募集中です!#ラクラクメン募(仮) #ベース #カオティックハードコア #埼玉」

みたいに、「サイト名」「パート名」「音楽ジャンル」「地域」あたりをハッシュ名に含めておいて、つぶやけば、どんどん「ラクラクメン募(仮)」のほうに情報が掲載される。

そのつぶやきを見て興味を持った人は、Twitter上でリプライするか、ダイレクトメッセージを送信するわけです。

「ラクラクメン募(仮)」には、Twitter連携で最低限の会員機能だけは持たせます。

プロフィール欄と、音源、活動方針、練習頻度とかを載せる感じですね。

いや、これすらも、Twitterのプロフィール欄とか、バンドでメンバー募集ページを用意して、そこにリンクするだけとか、もっと簡易的なものでもいいかもしれません。

色んなメン募サイトに登録して、あれこれやるのは面倒だし、もっとサクっといきましょう!!

きっとこれなら、気軽にすぐに募集できるはず・・・
 

ラクラクメン募(仮)のメリット

  • Twitterを利用してメン募を簡易化するサービスなので、とにかく楽
  • 募集する側も、応募する側もTwitterアカウントが必要なので、お互いの音楽的な趣向や考えがタイムライン上で把握できる
  • ラクラクメン募(仮)以外にもこの仕組みを導入してもらえれば、広いサイトで一度に募集ができる
  • Twitterのフォロワー数を確認すれば、どのような人か分かりやすい、業者かどうかも判断しやすい
    「全国デビューの経験もあります」なんてメン募サイトでは書いているのに、Twitterのフォロワーが数十人の人とかはショボさが出ちゃいますよね。
    フォロー数とフォロワー数が同じくらいで、どちらも数千、数万になっている人はあまり信頼できません。ひたすらフォローしまくってフォロワーを増やすタイプですよね。業者とか。

 

ラクラクメン募(仮)のデメリット

  • Twitterアカウントを公開したくない人は使えない
  • メン募サイトには女性との出会いも同時に求めて募集しているような輩もいるので、サイト特化型のほうが匿名性が高い
  • 運営側で不正ユーザーなどをブロックしづらい場面が想定される

 

とりあえず、上記のようなメリットデメリットが思い浮かんだんですが、メリットのほうが遥かに大きい気がします。

特に野郎同士でのメン募であれば、スピード勝負でいいのではないかと思います。
 

ちょっと良さげなメン募サイト見つけた!

とまあ、ここまで勢いで書き綴ってるんですが、ふいにメン募サイト調べていたら、面倒さを解決してくれそうなサービスを見つけました・・・!

メンボ - メンバー募集、メンバー加入ポータル
メン募

複数のメン募サイトを横断して、検索ができるサイトです。

去年できた、新しいサービスのようですね。

これはいくつものサイトで検索する手間を省いてくれて素晴らしいですね!

検索結果が早いんですよね!各メン募サイトの情報をキャッシュしているんでしょうか。メン募サイトによっては表示が遅すぎて話にならないこともあるので、こういうのは助かりますね!

今後の機能追加や成長が楽しみです。そして、もし良ければTwitterメン募始めてくれませんか・・・?笑
 

メン募を簡易化するアイディア、どうだったでしょうか?

荒さやツッコミどころがあるのも重々承知しつつ、今回の記事を書いてみました。この仕組み、音楽とは無関係のWebサービスでも使えそうじゃないですか??

例えば、企業でエンジニア募集をサクッと始めるとか。フットサルのメンバーをサクッと集めるとか。

the Saibase名義では、今年は「おと風景」の運営・開発と、もう1サービスのリリース予定のもので手一杯となってしまいそうですが、来年になってもラクラクメン募(仮)のようなサービスを誰もやっていなかったら着手しようかなと思います。

メンバー募集 その後

サクッとメン募して、いいメンバーで集まり、素晴らしい音楽ができるだけ早く世の中に鳴り響くことを願ってやみません。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景