STEINBERG UR22を購入しました!

STEINBERG UR22

STEINBERGのUR22を買いました!

Pro Toolsを使っていた時はMboxとかMbox2を使用していたんですが、金銭難から以前売ってしまったのです。

今はPro ToolsからCuebaseに乗り換えて、同じSTEINBERG製のオーディオインターフェースなので相性は問題ないです。

最新版のCuebase7まで対応しているみたいですね。ちなみに僕が使っているのはCubase5(古い・・・)です。

DAWが対応していれば、192kHzのビットレートで録音、再生が可能。

やっぱりオーディオインターフェースは相性が重要ですね!

UR22のスペックを簡単に書くと・・・

  • マイクケーブル、フォンケーブル兼用の入力端子が2つ
  • アウトはフォンケーブルの端子が2つで、INPUT2はHI-Z対応
  • FIREWIREはなくて、PCとの接続はUSB2.0

詳しい情報(公式サイト)

スペック的に必要十分です。

金属パーツが多くて、大きさの割にちょっと重いんですが、持ち運びも我慢できる範囲内ですね。

近所の楽器屋だと、注文して2、3週間待ちの状況って言われちゃいました。。

安心低価格のサウンドハウスで今回も購入。

最近amplitube(トライアルだけど)も使うようになって、ギターを繋ぐだけですぐに色んな音を作れるし、作曲が楽しくてしょうがないですね!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

STEINBERG UR22

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景