ギターフレーズで効果的な「山びこディレイ」のエフェクター設定方法を紹介

ギタリストのみなさん!今日もディレイを使いまくってますか!?

ディレイって、ショートディレイにするとコーラスっぽくなったり、リピート回数とタイミング次第で、輪唱のような効果が得られたりとすごく便利ですよね。

ちょっと下手な早弾きなんかも、輪郭がぼやけるのでごまかせますw

僕はディレイはBOSSのDD20を使っています。やっぱり空間系のエフェクターなら、なんだかんだBOSSはいいですよ〜!

DDシリーズの最新版はDD500ですね。

 

今回はギターで、山彦のような効果が得られるディレイの設定をする際の例を紹介します!

テンポ120の場合の1音符の長さ

テンポ120なんてのんびりした曲は弾いてられねーぜ!という、スラッシャーな皆さん、あくまでも分かりやすい例なので、話に付き合ってください。

テンポ120というのは1分間に4部音符が120個カウントされる早さ

つまり4分音符のタイムは

60÷120 = 0.5

これをmsecにすると

0.5×1000=500

500msecとなります。

4部音符が500msecということは、8分音符だとその半分で250msec

16分はさらに半分で125msec

3連符の場合は4分音符の1/3なので、

500÷3=166.7msec

2拍3連は
500×2÷3=333.3msec
となります!

というわけで、テンポ120の場合の、各音符の長さをまとめるとこうなります。

  • 4分音符: 500msec
  • 8分音符: 250msec
  • 16分音符: 125msec
  • 3連符: 166.7msec
  • 2拍3連符: 333.3msec

具体的な山彦ディレイの設定例

msecの設定方法が分かったところで、具体的なディレイの設定例を見ていきましょう。

■設定例
ディレイタイムを8分音符3つ分遅れるようにセットし、リピートは1回

これで音が追っかけてくるような山彦ディレイが作れます!

テンポ120の曲であれば、8分音符3つ遅れるということは、

250×3=750msec

で設定すればいいということになります!

■設定例
テンポ170の楽曲で、16分音符1個分遅れてディレイをかける

テンポ170ってのは1分間に4部音符が170個カウントされる早さ。
つまり4分音符のタイムは

60÷170=約0.353

これをmsecにすると約353msec

8分音符だと

60÷340=約0.176約176msec

16分音符は

60÷680=約0.088約88msec

つまり、ディレイを88msecくらいにセットするといい感じですね!

ディレイでmsec設定をするとき、とっさに思い出せないから記事にしてみました。

参考にしてみてください。
 

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景