mineo(マイネオ)をiPhoneとモバイルルーターで使って評価・レビュー中!

mineoを実際に使ってレビュー記事を発信中!

今話題の格安SIM「mineo(マイネオ)」を使用中のザ サイベースの管理人「とみっち」が、実際にmineoを使用したレビュー記事を公開するミニサイトを作りました!

毎月高額な携帯代に悩まされる人も多いはず。。

僕はauで使っていたiPhone6を、SIMロック解除なしでそのままmineoのAプラン(auのSIM)に変更して、

auに毎月8,000円程度支払っていた利用料金が、毎月2,000円以内に収まるように!!!

歓喜!!!

料金面はとにかく大満足なんですが、実際にはテザリングができなくなった、接続場所や時間帯によっては速度が大幅に低下することがあるといったデメリットもあるので、できるだけステマに思われない範囲でmineoの色んな面を紹介していきたいと考えていますw

mineoの導入を検討している人の参考になれば幸いです。

はじめに

当コンテンツ「mineo 徹底レビュー!」は「ザ サイベース」の管理人「とみっち」が個人的に作成したサイトです。

mineoの公式キャンペーンページなどへリンクしていますが、mineoを実際に運営しているのは株式会社ケイ・オプティコムとなります。

キャンペーンや提供サービスに関する詳しいお問い合わせは、mineoユーザーサポートにお願いします。

実際にmineoのSIMをiPhone6とNECのモバイルルーターで利用している僕からのアドバイス等は可能ですので、何かありましたらTwitterからでも気軽に絡んでください。

mineo(マイネオ)に関して、良い点だけでなく悪い点も発信していきたいと考えています

実際にmineo(マイネオ)を使っている方で、貴重な体験談をお寄せいただける方も大歓迎です。

各記事の下部にはfacebookアカウントでコメントできる欄も設けています。

それでは、mineoの情報を発信していきます!!!!!

格安SIMとは!?

mineo(マイネオ)とは何かを書く前に、まずは格安SIMについて説明してみます。

docomo、au、SoftBankなど、大手通信キャリアのことを

MNO(Mobile Network Operator)

といいます。

格安SIMに関する用語は、略語ばっかり出てきて、書いている僕も嫌になってくるんですが、「MNO」っていうのは日本語では「移動体通信事業者」のことを指します。

日本語でもピンと来ないですねw

基地局など自前の通信設備を持っている大手通信キャリアのことを「MNO」だと思ってもらえれば大丈夫です。

これまでスマートフォンを利用するために、docomo、au、SoftBankといった「MNO」に支払う利用料金は、毎月5,000円以上と高額なものでした。

そこで総務省は、

「このまま価格競争が起きず、利用料金が高いままじゃいかん!」

と、モバイルビジネス市場の活性化とモバイル端末利用者の利益の向上などを図って、MVNOの新規参入の促進に向けた各種施策を実施するようになったのです。

【参考】総務省 - MVNO支援コーナー

またまた略語が出てきましたね...。

自前の通信設備を持っていない通信事業者を、

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)

日本語では「仮想移動体サービス事業者」といいます。

携帯電話回線などの設備を他の大手通信事業者である「MNO」から借りて、独自のサービスを加えたり格安で提供する企業のことを指します。

ここまで書いて、ようやく格安SIMを説明できるようになりました!

格安SIMとはMVNOがMNOから通信設備を借りて提供しているSIMカードのこと

MNOよりも安くスマホやモバイルWiFiといった端末を利用することができるので、「格安SIM」と呼ばれています。

僕はmineoへの申し込みを検討し、あれこれと調べるようになるまで誤解していたんですが、格安SIMというのは安かろう悪かろうな回線を利用したサービスのことだと思っていました。

そうではなく、回線は大手キャリアの設備を利用し、実店舗もあまり持たないことで人件費を節約し、価格を安く抑えているのです。

当然、通話・通信エリアも大手キャリアと同一です。

その代わり回線は大手キャリアに優先されるようになっているので、通信速度などに制限がかけられています

この通信速度の制限は、通常の使用範囲であれば問題ないことが多いんですが、平日の日中の都市部では通信速度がかなり低下することもあるので、利用料金を抑える代わりにどこまで妥協できるのかをよく考える必要があります。

mineo(マイネオ)とは

最近CMなども放映していて話題のmineo(マイネオ)とは、関西電力系列の株式会社ケイ・オプティコムが展開するMVNO方式の格安SIM・格安スマホサービスの名称です。

ドコモのSIMカードを利用するドコモプラン(Dプラン)と、auのSIMカードを利用するauプラン(Aプラン)の2種類があります。

現在のところmineoにはソフトバンクのSIMカードを利用するプランはないんですが、使っているソフトバンクの端末のSIMロックを解除してSIMフリーとした状態でDプランかAプランを契約して利用可能となっています。

【SoftBank】ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

SIMロックの解除はソフトバンクショップなどで手数料3,000円でできます。

mineoのメリット

僕が使っていて感じる、mineoのメリット、オススメできるポイントはこれ!

  1. auプランがある
  2. 店舗ではなく自宅で切り替え手続きが可能
  3. 料金がとにかく安い
  4. 解約時に違約金がかからない
  5. 大手キャリアに比べてシンプル
  6. 余った通信は翌月に繰り越せる
  7. 「パケットギフト」で家族や友人にパケットを渡せる
  8. コミュニティサイト「マイネ王」での情報提供が盛ん
  9. 「LaLaコール」で通話や留守電を安く利用可能

1. auプランがある

実は格安SIMのサービスでauプランがある会社は限られているんですよね。

もちろんauプランではau回線を利用しているので、auで購入した端末をSIMロック解除(SIMフリー化)する必要なくmineoの格安SIMに変更できます。

僕の場合は以前auで購入したiPhone6を、そのままmineoの格安SIMに差し替える形で利用を開始しました。

2. 店舗ではなく自宅で切り替え手続きが可能

通常キャリアを変更する場合は携帯ショップに行って、店員さんに切り替え手続きしてもらうけれど、mineoの場合は自宅で自分でMNPの切り替え手続きすることが可能。

MNP(Mobile Number Portability)とは「携帯電話番号ポータビリティー」のこと

店舗まで出かける必要もなく、家でできるのは楽ですね!

手続きもmineoのマイページ上で操作し、テストコールをして問題がなければ完了するという簡単さ。

3. 料金がとにかく安い

auの時はiPhoneの端末分割支払い代金4,005円が毎月かかっていて10,000円前後だった利用料金が、概ね2,000円代になりました。

端末代を考慮しなければ、

auの時に毎月6,000円前後だった料金が、半分以下の2,000円代になった!

と言えます。

通話は極力LINEやfacebookメッセンジャーといった無料で通話できるサービスを利用することで、1,000円代となる月も

mineo iPhone6 利用料

通話サービスを使用しないデータ通信専用のSIMカードのプランを選択して、毎月の利用料を1,000円以内に納めている強者もいます。

僕は現在、Wi-Fiルーター 「NEC Aterm MR04LN」も利用していて、こちらは端末代金27,216円(税込)を20回払いとしているので、月に1,134円(税抜)と「シングルタイプ(3Gコース)」の基本料が972円(税込)となっています。

mineo モバイルWiFiルーター「NEC Aterm MR04LN」 利用料

iPhone6とモバイルWiFiルーターの利用料を合わせても、毎月4,000円代の利用料となっています。

以前auでiPhone6を利用していた料金よりも安く、iPhone6とモバイルWiFiが使えているので夢のよう話。

もっと早く乗り換えておくんだったと痛感しています。

4. 解約時に違約金がかからない

mineoでは、以前は1年縛りがあり解約時に違約金が発生していたようなんだけど、現在は完全に廃止されています。

最低利用期間および解約精算金の撤廃について

【参考】mineo - 最低利用期間および解約精算金の撤廃について

より気軽にmineoの格安SIMを試せるようになったというわけです。

ただし、電話番号を変えずに他社に移行する場合、利用開始翌月から1年以内はMNP転出手数料が11,500円かかるので注意が必要です。

5. 大手キャリアに比べてシンプル

大手キャリアに比べてシンプルな点が気に入っています。

何がシンプルかというと、料金体系が分かりやすく、そしてWeb上でデータ通信量や料金などを確認できるmineoのマイページがシンプルで分かりやすいんですよね。

mineoのマイページは分かりやすい

auの管理画面といったら、複雑で使いづらいことこの上なかったです。。

ログインしているのに別のページへとアクセスしようとしたらさらにログインを求められたり、パソコンでログインしていると、セキュリティで携帯に飛んできたパスコードを入力しないといけなかったり。

お役所的な作りで、ユーザーの利便性が考慮されていないんです。

mineoのマイページは大変にシンプルで、操作が分かりやすい

おまけに緑基調のデザインも落ち着きますw

6. 余った通信は翌月に繰り越せる

僕は携帯、ルーターともに「3Gコース」を利用しているんですが、どちらも余るので翌月に持ち越せることができます。

結果、携帯もルーターのどちらも毎月6GBも使う容量があるので、いざという時に役に立つんですよね。

いざという時というのは、我が家の息子(3歳)に外出時どうしても静かにしていてほしい場合。

この場合、彼が大好きなYouTubeを見せることとなります。

夢中で子ども向けのチャンネルを見続けてしまうので、とっておきの手段。

(ちなみに息子は家でChromeCastを器用に操ってYouTubeを見ています...小声)

YouTubeなどの動画を視聴すると大きくデータを消費するので、こういう場面で容量があると助かります。

7. 「パケットギフト」で家族や友人にデータパケットを渡せる

mineoでは「パケットギフト」という機能があり、自分が持っているパケット(データ容量)を家族や友人にプレゼントすることができます。

mineoのパケットギフト
ただし、我が家では妻はauのまま(mineoの魅力を伝えるも、auのキャリアメールが使えなくなるのが面倒なんだそう)で、mineoを使っている友人も身近にいないのでプレゼントする相手がいないTT

mineoのデメリット

魅力溢れるmineoなんですが、メリットだけじゃありません。

以下のようなデメリットもあるのです。

  • 移行前のキャリアメール(docomo、au、SoftBank)は使えない
  • 通信速度は回線が混雑するお昼頃に遅くなることも
  • auのiPhone6などではテザリングができなくなる

移行前のキャリアメール(docomo、au、SoftBank)は使えない

LINEアプリなどの普及により、携帯メールを利用する人は減ってきてはいますが、下記のようなキャリアメールは使えなくなってしまいます。

xxxxxx@docomo.ne.jp
xxxxxx@ezweb.ne.jp
xxxxxx@softbank.ne.jp
xxxxxx@i.softbank.jp

僕はGmailをメインで使うようにして、現在もメールでやり取りをしている相手にだけアドレス変更の連絡をしました。

キャリアメールが使えなくなると、飲食店の会員登録サービスなどを利用する際、携帯のアドレスを登録しなければならない時に困るかもしれないですね。

今のところは不便はないです。

mineoのドメインで、

@mineo.jp

というアドレスが設定できるのですが、容量制限、プッシュ通知ができないなどの不便な点もあって、将来別会社の格安SIMサービスに変更することがあると、キャリアメールと同様にメールアドレス変更の通知や設定などが面倒なので、Gmailを利用するのをオススメします。

通信速度は回線が混雑するお昼頃に遅くなることも

調子がいいときは20Mbpsといった速度で、高速通信が可能なんですが、平日の昼間は混み合うことが多いです。

人が多い駅周辺などでは、平日の昼間は1Mbps程度か、場合によっては0.6Mbps(600Kbps)程度しか出ないことがあります。

1Mbpsを下回るスピードでは、通常のWebサイトもなかなか表示されません。

速度が低下するとどうしても困るという人は、月額料金に800円プラスしたプレミアムコースの利用を検討しましょう。

mineo プレミアムコース

人数を限定して、抽選での申し込みとなります。

直近では、2017年2月1日〜2月12日まで、ドコモプラン、auプランをそれぞれ50名ずつ募集しています。

プレミアムコースを利用すれば専用帯域が使用できるので、混雑している時でもスムーズに通信できるようですね!

※今後追加で募集する可能性もあるようです。

auのiPhone6などではテザリングができなくなる

auではiPhoneをWiFiルーター化できるテザリングオプションが公式のサービスで利用可能です。

僕がmineoに変更したところ残念なことに、以前auで利用していたiPhone6のテザリングが利用できなくなりました

mineoの公式ページには、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6以上のすべてのiPhoneで、auプランでのテザリングは不可となっています。

auプランではなく、ドコモプランだとiPhoneでのテザリングが可能となっています。

そのため、auのiPhoneでテザリングを利用していた人が、引き続きテザリングを利用するための対処方法としては、auで使っていたiPhoneをSIMロック解除の手続きを行い、SIMフリー化した上で、ドコモプラン(Dプラン)に申し込むことになります。

【参考】au - SIMロック解除のお手続き

SIMロック解除手数料は3,000円(税込)なので、それほど頻繁にテザリングを行わない人で、iPhoneをモバイルWiFiルーター代わりにしたい人は、SIMフリーにすることをオススメします。

別途mineoのモバイルルーター等を契約する必要なく、iPhoneだけでテザリングを利用することが可能です。

僕は外で仕事をする際にネットを利用することが多く、モバイルWiFiルーターを別途契約したかったので、mineoのドコモプラン(Dプラン)でモバイルWiFIルーター(NEC MR04LN)を申し込みました。

mineoを利用開始する手順!

それでは、一通りmineoの特徴を説明したところで、mineoを利用開始する手順の流れを簡単にまとめたいと思います。

僕はauで使っていたiPhone6を、mineoの格安SIM「auプラン」に切り替えて本体はそのまま利用して使っています。

mineoのエントリーコード(エントリーパッケージ)をAmazonで購入

コンテンツ鋭意製作中...
今後mineoの魅力を伝えるべく、さらにコンテンツを急いで増やしていきます。
来月中(2017年3月中)に完成させたいです。

mineoに申し込みをする!

mineoへの申し込みを検討する人は、公式サイトをよく読んでから申し込みをしてください。

mineoでは、「新生活応援キャンペーン」を実施していて、申し込み期間が「2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)」の間であれば、申し込み後3ヶ月間毎月800円割引となります!