【2016年版】フリーランスエンジニア向け求人の動向を調査してみた

どうも!気が付けば、先日7回目の確定申告が終わったとみっちです。

昨年の4月に中小企業診断士の方にアドバイスをもらい、ようやく白色申告から青色申告に切り替えた。

法人成りを狙っているフリーランサーは、白色ではちゃんとビジネスしていると金融機関や士業の人達に見なされないようなので、さっさと青色申告に切り替えて、帳簿付けもしっかりとやっといたほうがいいよー。

融資受けるとか、助成金受けるとかそういった際に色々と面倒。

銀行口座は自分の屋号名(個人名でもいいけど)で開設して、事業用としてちゃんとプライベートとは分けよう。

この辺も今度記事にしてみる。

さて、今回はフリーランスエンジニア向け求人の動向を調査してみたのでまとめてみる。

フリーランスエンジニア向けの求人とは

今回の記事で触れている「フリーランスエンジニア向けの求人」とは、最近流行ってきている「週3日で月50万円稼ぐ!」とか、そんな感じのフリーランスエンジニア向けの求人のこと。

家庭の事情が諸々あって、案件ごとに見積もり出すよりも毎月エージェントを経由して、決まった時間の勤務で仕事をもらいたいなと思うようになったことから、僕も何社か登録してみた。

エージェントの方との話や、求人情報サイトなどを参考に、書けそうな範囲で書いてみる。

最近の求人動向

Web系案件は募集が増加傾向

資金調達に成功したスタートアップや、業績が好調でこれから事業をさらに拡大していきたいベンチャー企業、誰もが知っているような有名IT企業がおこなっているWebサービスの開発に携わる仕事が多いようだ。

ここ3年ほどVCのスタートアップ投資が特に盛んで、資金調達バブルとも言える時期を迎えていると言える。億単位の資金調達の話も結構話題になった。

数千万単位であれば、僕の友達でも資金調達に成功した社長がいる。

こういった資金を持った企業の案件に携われるのであれば、エンジニアの報酬も良い。

募集記事で見かける案件の例としては、

・ファッション系
・グルメ系
・ヘルスケア系
・婚活系
・美容系
・医療系

が多い印象を受ける。

IoT元年と言われた2015年、ガジェット系の開発案件も少しずつ増えてきているようだ。

スマホ系案件は募集が下降傾向

AndroidやiOS向けのアプリケーション開発の需要は一時期よりも下がってきているようだ。

理由は簡単で、思っていたほど稼げなかったというところが原因として挙げられる模様。

目まぐるしく進化するスマホアプリの開発現場で、実戦で活躍できるエンジニアを確保していくのも大変なんだろうと考えられる。

ソーシャルゲームの開発ブームもピークは過ぎた印象を受けた。

フリーランス案件でエンジニア案件が占める割合

フリーランス向け求人数を確認していると、エンジニア案件が7、デザイナー案件が2、その他が1程度の比率となっている。

3、4年くらい前は、求人サイトを見ていてHTMLコーダーやデザイナーの給料が下降してきているなーと感じたけど、今は結構良くなってきている気がする。

純粋にHTMLしか分からないという人は厳しいけど、デザインかプログラミングのどちらかがある程度できるHTMLコーダーであれば、1日稼動して2.5万円
デザイナーは1日2万円、サーバーエンジニアやプログラマーであれば1日3万円くらいの報酬は確保できそうな感じだ。

・・・デザイナーはもっと処遇が改善される必要があるべきだけど、自分で職業デザイナーを名乗れば誰でも始められるのもデザイナーというのが難しいところ。

UIも設計できる、Web全般に深い造詣があるデザイナーは、エンジニア以上の給料をもらうべきだよ。

中には週5日で1か月80万以上の報酬が可能な高額案件もある。

案件ごとに見積もりを取って、下手したらかなりの労働時間になってしまう可能性がある受託開発よりも、時間で決まって、残業があった分は報酬が支払われる働き方の方がよっぽど安全ではないか。

フリーランスを何年もやってきて、最近は特にそう思う。

しかもリモート勤務可能な案件も増えているしね!

需要がある開発言語

PHPの案件は少し減ってきているがまだまだある。
→ CakePHPやZend PHPなどの以前からあるPHPのフレームワークを使用した案件もあるが、PhalconLaravelといったフレームワークの案件も出るようになってきている。
Rubyの案件は増えてきている。特に勢いがあるようなスタートアップ企業はRubyがお好き。
Ruby on Railsと言っておけば、何か格好いいって風潮ない?
・JavaScriptに明るいエンジニアが重宝される。
AngularJSReact.jsが使えると強いし、高報酬が期待できる。

僕も週3日で稼動し始めました

今月より僕も週3日、10時〜17時でとある案件の開発に携わるようになった。

自分の事業も進めたいから、いずれはリモート勤務でという希望はしていたんだけど、早くも完全リモートということで、大変ありがたいです。

クライアント企業との間に、エージェントさんが入ってくれるのも本当に助かりますね。

営業する必要もないし(ほとんどやったことないけど)、いちいち見積もりを出す必要もない。

これらの手間から解放されるのは、フリーランスとして願ったり叶ったり。

フリーランス向けオススメの求人サイト

フリーランスのエンジニア向けにオススメできそうな求人サイトをいくつかリンク貼っておきます。

クラウドテック

ITプロパートナーズ

ギークスジョブ





せっかくフリーランスとして独立したなら、より効率良く働いて、自分の好きなことにチャレンジする時間を確保したいよね。

営業や見積もりに時間を割きたくない、開発に注力したいというフリーランスエンジニアさんは是非どうぞ。

週3日開発案件やって、残りの日数は家族や友達と過ごすとか、自分でWebサービスを作ってみるとかいいですよー。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景