やよいの青色申告なら自分でできる!フリーランス歴7年の僕がオススメする青色申告

こんにちは。フリーランスでWeb制作に携わって7年になるとみっちです。

今日は会社員を辞めて独立したら、無視することのできない確定申告に関して書いてみます。

青色申告の重要性と、その場合、会計ソフトが必要になるので、「やよいの青色申告」をオススメしたいという内容になっています。

所得税と源泉徴収に関して

簡単に所得税と源泉徴収に関してまとめてみます。

所得税

会社員であれば、給与所得に対して毎月所得税が天引きされます。

所得税は、所得額から各種所得控除額を差し引いた課税所得金額に対し、その額に応じた税率をかけて算出される税金です。

詳しくは国税庁のサイトを見てくださいね。

【参考】国税庁 - 所得税のしくみ

もちろんアルバイトでも、稼ぎがある程度ある場合には所得税が課税されます。

源泉徴収

源泉徴収とは、給与や報酬を支払う側が、事前に給与から所得税などを差し引いた上で支払う制度です。

よって、徴収(控除)した側は、翌月には税務署へ納付しなければいけません。

常時給与や報酬を支払う人数が10人未満だと、半年分まとめて納付することもできます。

確定申告をするとどうなる?

会社員

住宅ローン控除を受ける、副業をしていて会社からの所得以外に収入があるなど、幾つかの場合を除いて、会社員の場合は自分の会社で行われる年末調整だけで済みます。

アルバイトは年末調整される場合と、自分で確定申告してねっていう場合があります。

フリーランス

確定申告をすることで、クライアントが事前に源泉徴収していた税金が戻ってくることがあります。

確定申告はフリーランスにとってのボーナスという考え方もありますよね(笑) 実際は払い過ぎた税金を取り返しているだけなんですけどね。

源泉徴収されていなかった場合とかだと、逆に税金をもっと納めないといけないこともあるので注意が必要です。

経費というと聞いたことがあるワードだと思いますが、実は自宅で仕事をしているフリーランスの人で、家賃や光熱費、通信費など、仕事で必要となる様々な金額を必要経費として申告することができます。

ただし、按分(あんぶん)といって、住居のうち4割くらいをオフィス機能として使っているから、金額も4割にしてね、全額は経費にできないよーという決まりはあります。

こういう話を、駆け出しのフリーランスの人にすると、「知らなかった!」と言われるんですよね。少し勉強すると、より精度の高い確定申告ができるし、場合によっては戻って来る税金が増えたりするから、是非しっかり確定申告しましょうね。

青色申告がオススメ

確定申告をする場合には白色青色があるのはご存知でしょうか。

何かよく分からないけど、話だけは聞いたことがあるっていう人は多いと思います。

帳簿付けの必要がない白色申告が楽だったんですが、2014年以降白色の確定申告者も帳簿付けが義務付けられたので、控除額が大きく、様々なメリットが多い青色申告をオススメします。

僕は昨年、自分の事業を大きくしていくべく、ウェスタ川越にある創業支援ルームという施設に入居していたんですが、そういった県の施設に入居するための審査、また金融機関から融資を受ける、助成金の申請をするといった全ての場面で、法人ではなく自営業者の場合は過去の確定申告を3年ほど遡ってチェックされます。

知り合いの中小企業診断士の方に、

「白色申告は事業をやっているとは見なされないから、今すぐ青色に切り替えて!」

と一昨年前にアドバイスを受け、それまで面倒だからと白色でやってきた申告を青色に切り替えました。

フリーランスでちゃんと商売していきたい、将来は法人化したいといった人は、独立時に開業届とともに、青色申告書の承認の申請の書類を税務署に提出するようにしましょう!

やよいの青色申告について

さて、青色申告なんですが、実は結構面倒くさい作業の連続となります。白色の方が少し楽とはいえ、どちらも帳簿付けがあるのでやはり面倒ですね。

税務署で係りの人に聞きながら作っていくということもできるんですが、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を使うことで提出用の書類を作ることができます。

僕は白色の申告はこの「確定申告書等作成コーナー」で過去に6回作成した経験があります。

このWebサイト、書類が作れるのはいいんですけど、インターフェースが超絶にいけてない。。(苦笑)

また、過去の作成分をオンラインで保存できればいいんですが、いちいち独自のファイルを書き出して保存しなければいけないんですよね。

でも安心してほしいです。

今日この記事を読んだ人は、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を使う必要はないのです。

僕がオススメしたいのが、やよいの青色申告となります!!

昨年度と一昨年度の確定申告を「やよいの青色申告」でやったんですが、昔からこんな素晴らしいクラウドサービスがあれば是非とも使いたかったですね。

本当にいい時代になりました...。

やよいの青色申告の魅力

やよいの青色申告

「やよいの青色申告」に関して今回はその特徴を簡単に紹介していきます。

特徴

  • 全ての機能が使えるのに初年度無料!(2年目もセルフプランで税込8,640円と安い!)
  • インターフェースが綺麗で使いやすい(重要)
  • 「かんたん取引入力」が本当にかんたん
  • クラウドサービスなので、複数の端末で情報を保存できる
  • Macでも使える!これは大きい!
  • スマホでも使えるから、交通費xx円とすぐに保存可能
  • 画面の案内に沿って入力するだけで確定申告用の書類が作れる
  • 過去分の取引内容や申告書が手軽に見られる

この通り、画面は親しみが持てるデザインで綺麗で、何よりも「会計」というとっつきにくい作業なのに、分かりやすく入力できるのが素晴らしいですね!!

「かんたん取引入力」で、収入と支出を日々記録していく感じで、帳簿付けができてしまうのです。

昔は手書きでやエクセルで全部記録してましたね。。

Google Adsenseの報酬は100万円を入力してみました(笑) もちろん、こんなにもらっているわけはないです。

月別の収支状況もグラフで確認できるので、

「売上伸びてきたなー!」

とか、

「収入に対して支出の割合が多いな...」

とかが一目で分かります。

確定申告用の書類を作成する時は、こんな感じで画面の案内に沿っていけば大丈夫です。

やよいの青色申告 確定申告作成

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」とは桁違いの分かりやすさとなっています。

税理士にお願いしなくても自分で作れる!

月数千円〜3万円程度で、確定申告を税理士にお願いしているという人も聞きます。

毎月レシートの山を郵送して代わりに帳簿付けをお願いするみたいですね。

個人レベルで事業を行っている場合は、支出と収入を自分で入力する手間くらいは確保できるはずですし、また、自分で書類を作成することで、収入と支出の推移を見直すきっかけになると言えますね。

税理士にお願いしなくても自分で確定申告ができるので、是非とも一度は「やよいの青色申告」を使ってチャレンジしてみることをオススメします。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景