普通に働くのが無理ゲーだと分かったので、自分のWebサービスだけで食べていく宣言

こんにちは。Tomicciです。

先週から今週前半にかけて、家族全滅で5日間ほとんど仕事ができませんでした。

受託案件の納品直後の出来事で、その後は特に何も急ぎの案件がなかったので何とかなりました。

改めて、自分の働き方を考え直すきっかけになる出来事でした。

家族揃って体調不良に

先々週の金曜日、息子が保育園で嘔吐をして、至急迎えに来るようにと呼び出しがかかりました。

保育園で5人同様の症状が園児に見られ、ロタなどの集団感染が進むのを防ぐために当然の措置ですね。

ちょうどそのタイミングで、2週間ほどかけて開発した受託案件を納品した僕は、安堵からか風邪をひいてしまいました。

息子の症状とは別だったため、ただの風邪だったようです。

病院で診察を受け、二重に感染していては大変だから、看病の際に、絶対にうつらないようにと言われていたんですが、無理な話ですよね。。

うつりました。吐かなかったものの、吐き気と下痢の症状が。

さらには妻も同様。

息子から放出されたビッグベンはかなり白い下痢だったので、多分ロタだったのではないでしょうか。

かかりつけのお医者さんはロタではないとは言っていたんですけどね。。

家族全滅で地獄が見えた

子どもが回復が一番早くて、もう発症翌日とかにはすごい元気なわけですよ。

それを吐き気も熱もあって大変な親だけで、代わる代わる食事など全ての面倒をみるもんだから、これがもう軽く地獄なわけです。

子どもは元気はあっても下痢がひどいので、治るまでは保育園には登園することができません。

通わせている保育園には、整腸剤を飲み終わるまでは保育園に行ってはいけないという、理解できないルールがあります。
整腸剤を飲みきったと嘘を言えばいいのではないかと思いますよね。

途中からは1日2000円を支払い、病児保育に預けました。

病児保育も、必要な書類、着替えや食事、おやつ、エプロン、オムツやお尻ふきなど、保育園以上に準備が大変なんですよね。

母親は仕事になんとか復帰し、僕もなんとか病児保育へと子どもの送り迎えなどするわけです。

我が家の場合、もし子どもの体調が急変した場合は、急行できるのが妻ではなく僕なので、少しでも怪しい時は仕事の打ち合わせや外出などは入れられず、自宅で仕事をするわけです。

自宅も育児や看病で凄い状態となっているので掃除や洗濯、片付けを平日の日中にしなければならないわけです。

そう、僕が仕事できる時間は保育園に通わせる前に比べ、少なくなっています。

家族全滅は今回で2回目

以前には夫婦共に嘔吐連発で大変な中、子どもの世話をしたことがあり、家族全滅は今回で2回目でした。

子どもが保育園に通えないという状況はもうしょっちゅうで、いよいよこれは僕の仕事のあり方を見直さなければなーと思うようになりました。

いつもどう仕事を進めようという悩みは尽きないのですが。

妻は時短勤務で、彼女が仕事をやめるという選択も色々な状況的に無理なわけです。

受託開発は完全に終了します

息子が産まれる前から継続していた案件を保育園に通い出してからというもの、ほとんど継続しなくなってしまいました。

今まで何とかなってきましたが、納期と家族全滅のタイミングが重なっていたら、納期に間に合わないという最悪な事態となっていたでしょう。。

クライアントの皆様にはご迷惑をおかけしながら、色々と融通を利かせて頂き、何とか先日までやってきました。

仕事を発注して頂き、本当にありがとうございました。

家庭の状況が状況なので、受託開発は完全に終了します。

今まで携らせて頂いた案件で、どうしても僕でないと対応できないといった場合などにはもちろん対応しますし、どうしても僕でないと困るという案件であればご相談ください。

自分のWebサービスだけで食べていく

今後は自分のWebサービスだけで食べていきます。

現在、恥ずかしながら月に数万円程度の広告収入しかないのですが、来年は家族全員を僕の広告収入だけで養えるようにします。

  1. the Saibaseブログ
  2. おと風景
  3. 楽器サイト(企画中)

当面この3サイト(ブログ)に注力していきます。

法人化したい!という願望は相変わらずあまりないんですが、法人化しないと節税できない、法人との取引で困るというステージになるように、育児と両立しながらやっていければと考えています。

事業提携や共同開発・運営などのお話は既に沢山頂いていますし、企画も進行しているものも幾つかありますし、自分のWebサービスに注力するいいきっかけと思って、

自分のWebサービスだけで食べていく宣言

をします!

そうと決めたら、とにかく手を動かさないと!
 

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景