引越しラクっとNAVI - 引っ越し業者の見積もりで、電話がうざい人にオススメ

こんにちは。とみっちです。

昨年の12月、そして今年の7月と立て続けに引っ越しをしたんですが、安く引っ越し業者を選ぶコツを見つけたので紹介します。

引っ越し業社に依頼する際には、

見積もり(電話やメールのみ、もしくは訪問での見積もり)

金額など条件面に納得したら決定

となるんですが、複数の引っ越し業者に見積もりを取って(相見積もり)、値段をより安く、条件を良くして決めることをオススメします。

そんな相見積もりを取るのも1社1社やっていたら大変だし、今回僕がオススメしたいサービスが「引越しラクっとNAVI」です!

引越しラクっとNAVIとは

引越しラクっとNAVI

引っ越し業社の複数の見積もりが取れるWebサービスは幾つかあるんですが、大抵の場合、見積もり依頼をすると、それぞれの引っ越し業者から電話が次々とかかってきます

以前夜中の23時に、他の一括比較見積もりサイトから申し込んだところ、大抵の業者は翌朝9時頃に一斉に電話をかけてきました。

サ○カイ引っ越しセンターにいたっては、23時5分に電話をかけてきました。。

子どもが寝ているからさすがに電話には出なかったんですが、連絡は

「メールで希望」

と、要望欄に入力しているにも関わらず、速攻で夜中にかけてくる対応は腹立たしかったです。。

ネットで見ると、訪問見積もりで契約を無理強いしてくるとか、悪い評判を多く見るし、サ○カイ引っ越しセンターだけは絶対に利用しないと決めました。

こんな感じで、電話が次々かかってくるし、それぞれの引っ越し業者ごとに交渉するのが面倒な人は「引越しラクっとNAVI」を利用するとよいでしょう。

引越しラクっとNAVIの特徴

「引越しラクっとNAVI」から引越しの見積もり依頼すると、引越し業社からは電話はかかってこなくて、電話してくるのは「引越しラクっとNAVI」のサポートセンターのみです。

サービスを提供している株式会社リベロさんのサポートセンターが、引越しの条件や希望を色々とヒヤリングしてくれて、それを各引越し業社に連絡代行して調整をしてくれるのです。

条件面なども最初から具体的に決まっていれば、サポートセンターとの電話は最短1回で済むかもしれません。

「引越しラクっとNAVI」に会員登録した人へのサービスで、無料でダウンロードできる電子書籍「引越しする前に絶対読んでおきたい本」によると、対応している引越し業者は、

サカイ引越センター、日本通運、アート引越センター、ハート引越センター、ハトのマークの引越センター、ダック引越センターなどの大手から中小まで、一定の基準をクリアした20社以上の引越し業者と提携

引用: 「引越しする前に絶対読んでおきたい本」

と書かれています。

「引っ越し価格ガイド」と異なり、地域密着型の業者の見積もりが取れないところは残念なんですが、大手、中小の引越し会社から選びたい、金額やサービスをまずは知りたい、といった場合には活用したいサービスですね。

紹介された引っ越し業者など

7月に引っ越した時の料金の参考などを書いてみます。

僕の場合、引越しラクっとNAVIのサポートセンターと電話したのは合計で2回でした。

あとは、Webサービスのマイページ上に、業者から回答があり次第、見積もり内容が更新されていく感じでしたね。

引っ越しの内容

妻と2人で運べなさそうな大きなものと、段ボール15箱分の荷物を依頼して、残りは自分達で運ぼうと考えました。

依頼した荷物はこんな感じです。

  • 冷蔵庫 1点
  • 洗濯機 1点
  • ダイニングテーブル1点 + 椅子2脚
  • 食器棚 1点
  • PCデスク 1点
  • タンス(小) 1点
  • 液晶テレビ(37型) 1点
  • TVボード 1点
  • 他段ボール15箱

そして紹介された業者は下記です。

「大手と中小で3、4社紹介してください」

と伝えていたので、その通りとなりました。

紹介された引越会社

  • アリさんマークの引越社
  • アート引越センター
  • サカイ引越センター

提示された料金

料金は約3万円〜約8万円と大きく開きがありました。

「サカ○イ引越センター」に依頼する気はないし、そうするとアリさんかアートの2択となりました。

その後、やはり妻と2人では、できるだけ多くの荷物を持って行ってもらえた方がいいと話し合い、荷物の積み込みを、トラックに乗せられるだけ乗せる積み込みプランに変更したい旨サポートセンターに伝えたところ、

条件などが変更となる場合は、大変お手数ですがまた一から登録し直してください。

とのことでした。

融通を利かせて、再度業者に交渉をしてもらえればありがたかったなというのが本音です(笑)

そして、ここで一つ気付きました。

地域密着型の引っ越し業社に、今回提示された条件を元に自分で交渉してみよう!

1社くらいであれば、自分で電話するのもそんなに手間じゃないですしね。

やさか引越センター

最終的に東京埼玉の引っ越しをおこなっている「やさか引越センター」というところに自分で連絡したところ、

2万8千円ほどで、2トントラックに積めるだけOK、スタッフは2名

とのことだったので、それでお願いすることにしました。

「引越しラクっとNAVI」を使って、他社引っ越し業社の金額感やサービス内容を把握できたからこそ、より安く良い条件で決めることができたと言えます!

「やさか引越センター」は、いかにもガテン系な2人が来ました。

勝手な先入観で、「荷物を雑に扱ったりしないかな...」とか思いましたが、全然そんなことはなかったです。

ちゃんと養生してくれて、荷物の積み下ろしも思ったよりも丁寧でした。

真夏の暑い中、引越作業をしてもらえて大変ありがたかったです。

ちなみに昨年の12月の引越は「アート引越センター」でしたね。

この時は、荷物は大物家具6点だけだったんですが、3万円弱でした。

今思えば、同じ料金で、もっと沢山荷物を積み込んでもらえた気がします(笑)

割と爽やかなスタッフで、対応がすごく丁寧だった。

まとめ

短期間で2回引っ越したことで分かったことなんですが、引越し業者は最初はかなり高い見積もりを出してきていることもあり、料金交渉が可能です。

「A社は同じ条件でダンボール20箱、さらに食器移動用の箱もつけて4万円だって言うんですけど...」

のように、他社と比較検討していることを伝えると、

「じゃあうちなら3万3千円で、さらにこんなサービスもしちゃいます!」

と言って頑張ってくれたりします。

より正確な金額が知りたい場合は、訪問見積もりをしてもらいましょう。

訪問見積もりの場合、

「今日決めてもらえれば3万円にするんでなんとか!」

などと迫ってくるんですが、その辺は冷静に判断して決めるようにしましょう。

個別に引っ越し業社に何社も連絡をするのが煩わしい人には「引越しラクっとNAVI」はオススメなので、活用してみてほしいです。

引っ越し業社と個別に交渉したい人向け

今回紹介した、最低限の電話回数で済む「引越しラクっとNAVI」とは別に、何社かの引っ越し業社と電話でバンバンと個別に交渉をしたい人には「引っ越し価格ガイド」がいいかもしれません。

「メールとか、Web上のマイページとか面倒くせぇぇ、電話しちゃうぜぇぇぇ」

という、ちょっとせっかちな貴方向けのサービスとなっています。

以前利用したので記事にしました

引っ越し侍の「引っ越し価格ガイド」を使ってみたよ!

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

数年前までバンド活動してました。ブログ、サイト運営で食べてます。フリーランス歴7年のWebクリエイター。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。埼玉県川越市在住。【興味】音/Web/車(GolfV GTI等)/田舎/旅/酒 ※自然の音からデスメタルまで聴きます。@tomicci 詳しいプロフィール【運営サイト】 ザ サイベース おと風景