引っ越し侍の「引っ越し価格ガイド」を使ってみたよ!

当記事は「引っ越し価格ガイド」を紹介している記事となります。サービスを運営している会社は「株式会社エイチーム引越し侍」さんですのでご注意ください。

こんにちは!とみっちです。

先月末に急遽、自宅の引っ越しを決意し、今月は引っ越し作業でバタバタです!

...全然仕事してない!

デスク周り・・・

デスクはご覧のありさま。

同一市内での引っ越しなので、距離は今の家から車で5分の場所。

今回の決め手は保育園まで歩いて行けること!そして家賃がかなり安くなる点。

子どもがいるから、滅多なことでは引っ越しできないんですけど、持ち家じゃないメリットは、引っ越しの自由さですね。

とは言え、子どもを育てていくことと、自宅で仕事をすることを考えると、やっぱり一戸建ては理想。夢。

住宅ローンは、もしも自分が死んだ時に返済が不要(遺族がローンの残額を相続しなくてよい)となるようなので、早いところ組みたいんですが、まだまだ仕事が軌道に乗らないと厳しそう。

保育園まで近くなったから、これでようやく子どもの送り迎えを妻と分担できそう!
※妻は車の運転ができない。

引っ越しを機に、是非とも、もっと仕事に励みたい!

さて前置きが長くなりましたが、引っ越し業者を選ぶのに株式会社引越し侍引っ越し価格ガイドという一括見積もりサービスを利用したので、使った感想などをまとめてみます。

引っ越し価格ガイドとは

200社以上の業者の中から最大10社まで無料で一括見積もりできるサービスです。

こういった引っ越しの一括見積もりサービスは、見積もり後電話がすごいと言いますが真相やいかに・・・?

下記が「引っ越し侍」の公式ページとなります。

我が家の引っ越しの内容

基本、重い荷物以外、妻と僕とで荷物をダンボールに詰めたりまとめたりして、運ぶのも自分の車で持っていくことにしました。

とにかくできるだけ安く!

最初は業者を使うつもりはなかったんですが、以下のものは自分達では移動することが難しそうなので、これだけ業者に依頼します。

  1. 冷蔵庫(家族用でデカい)
  2. 洗濯機
  3. TVボード
  4. 食器棚
  5. ダイニングテーブル
  6. チェスト

この量なら、業者に頼んでもそんなに料金がかからないんじゃないかと思うんですけど、今まで業者を使ったことがなかったので、相場が全く分かりません。

こいつは、ブログのネタにもなるし、是非とも引っ越しの一括見積もりサイトを使ってみようと考えたわけです。

引っ越しの見積もり取ってみた

深夜23時半頃にWebサイト上で一括見積もりをしました。画面通り進んで行くと、それぞれの業者に連絡が届くようです。

途中でインターネットを申し込むなどのオプションを付けることができますが、そういうのは個別に自分で申し込みをしたいので、一切スルー。

結果、我が家では、下記の4社に見積もりを取れることとなりました。

  1. アリさんマークの引越社
  2. サカイ引越センター
  3. アート引越センター
  4. ヨシダトランスポート

4番のヨシダトランスポート(ヨシトラ)は、埼玉県坂戸市の格安引っ越し業社で、こういった地域密着の会社も比較できるのが嬉しいですね。

引っ越し元の住所や、引っ越し先の住所、そして予定日の他に、大体の荷物の量を入力し、「その他ご要望欄」には

電話ではなく、メールで連絡を希望します

と入力しました。

翌朝

「引っ越し価格ガイド」での一括見積もりをして迎えた翌朝、9時過ぎから業者のフリーダイヤルの番号からバンバン電話が来ました・・・。

アリさん、サカイ、アートから次々と電話が来ます。電話に出られなかったので、しばらくしてまた同じ会社から電話が来るんですよね。

留守電が次々と残されます。

マ、マジかよ!?

メールで連絡してほしいって書いたのになーと思いつつ、唯一メールで返信をくれたヨシダトランスポートに心が傾きます。

電話をくれた3社はどれも

訪問見積もりをしないと価格が一概にはお伝えできません

との回答。

ヨシダトランスポートは、すぐに概算の見積もりがメールで届いた。

ご連絡を頂いた内容での概算のお見積り金額ですが
お荷物すべて階段で搬出できる条件にて
サイドボード:1
冷蔵庫(3ドア以上):1
食器棚:1
ダイニングテーブル:1
洗濯機(タテ):1
タンス類(小):1
以上のお荷物のみのお運びの場合
21600円(消費税込・平日料金)です。

うーん、すごく安い気がする!

このあとさらによく考えて、頑張れば自分達で運ぶことができそうな食器棚ではなく、重くて大きなPCデスクを運んでもらうことにしました。

訪問見積もり

ヨシダトランスポート以外にも、もう1社大手の引っ越し業社の見積もりをもらいたいと思い、アート引越しセンターに訪問見積もりをお願いしました。

依頼していた荷物以外にも6点追加で、合計12点運んでこの金額ですと提示されたのが、

90,000円(税込)

...なにそれ、高い!

今日中に即決してくれたら

50,000円(税込)

にします!と言われ、なにその大幅ディスカウント!と思いました。

これじゃ高くて他の業者の見積もりも聞いてみようかなと思い、一旦保留に。

その後、全社訪問見積もりしてもらおうと意気込んでたんですが、

ヨシダトランスポートに荷物の変更(食器棚 → PCデスク)がある旨伝え、最終的な金額を算出してもらったところ、

27,000円(税込)

とのことでした。

やはり、安い!

アート引越しセンターの担当者に電話をして、他の業者にお願いしようと考えている伝えたところ、

荷物6点のみであれば、うちでもやれる価格です!

と値引きしてくれ、段ボール20個(新品)食器ケースのレンタルも付けてもらえるとのことで、アート引越センターに決定しました!

いよいよ明日が引っ越し当日です。

アート引越しセンターに依頼して大きな荷物だけ移動

【12月27日追記】
12月17日にアート引越しセンターの方に来てもらい、大きな荷物6点のみ移動をお願いしました。

thumb_IMG_7299_1024 thumb_IMG_7302_1024 thumb_IMG_7303_1024

社員さん1人、アルバイトさん1人でした。2人とも丁寧で、迅速に荷物を運んで頂きました。

2時間弱で終わりました!!

最後に思ったこと

大手引っ越し業社は高そうと思ってたんですが、他の業者と見積もり比較することで、どんどん値段が下がっていくもんなんですね。

引っ越し業者選びは、最初に提示された金額で即決しないことが大切だなって実感しました。

そして、訪問見積もりに来られるとちょっと断りにくいなって僕の場合は思ってしまうので、あんまり何社も依頼していたら、後々断るのが大変だったんだろうって勉強になりました。

もっと交渉すれば、ヨシダトランスポートとか値下げしてくれたかもしれないですね。

今回は大手引っ越し業社に決めたのですが、次回引っ越しの際は今回の教訓を活かして、値引き交渉をしつつ、地域密着型の業者を利用してみたいですね。

引っ越し価格ガイド、一括で引っ越し業者の見積もりを取りたい人は是非。

バンバン業者から電話がかかってくるんで、とにかく最初だけ一括見積もり依頼して、あとは自分で個別に業者とやりとりしたいっていう人にはオススメですね。

あ、そういえば「株式会社引っ越し侍」の人から電話があって、業者からはちゃんと連絡が来ましたかー?と確認がありました。

こういったサポートもしているんですね。

もし連絡が来てない等トラブルが起きた場合には、報告してみてくださいね。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景