Webクリエイターとしてフリーランスになる方法(前編)

こんにちは!Web制作でフリーになろうと決めて、脱サラし、なんとか4年目を迎えた「とみっち」です。Webクリエイターとしてフリーランスになるには、どのようなことをすればなれるのか書いてみたいと思うのですが、まず今回は自分がフリーとなった経歴をお話しします。

前置きなんで、僕が考えるフリーランスになる方法をすぐに見たい方は、
Webクリエイターとしてフリーランスになる方法(後編)」を読んでください。
 

Web制作に興味を持ったきっかけ

今から10年ちょっと前の大学時代、バンドと電子音響グループをやっていました。ライブをしたり、自主制作でCDを作ってデザインフェスタなどのイベントで販売したりと音楽活動をしていたんですが、自分達の活動を世に発信するにはホームページを作らないといけないと思ったんですよね。じゃあ、メンバーの中で誰がやるのかっていう話になって、なかなかみんなやりたがらない。しょうがない、自分がやるよと言って、半ば仕方なく引き受けました。

今でこそ、ホームページを作るにはいろんなテンプレートやWebサービスがあったり、何よりWordPressがあったりと、誰でも作りやすい時代になってきました。しかし、僕が音楽活動を始めたのは2000年代前半です。ホームページを作るということは、HTMLが使えないと作れないという時代でした。

HTMLを勉強して初めてホームページを公開する

初めてホームページを一から作るにあたり、大学の授業でHTMLを少し学んではいたものの、全然理解できていなかったので本を一冊買って勉強しましたよ。CSSの概念も、使い方も全然分からなくて、ホント挫折しかけた記憶がありますね。。

独学でもいいですが、HTMLは人から教えてもらうのがホント手っ取り早いです。疑問点ばかり出てくるので、質問しながら作れる環境だと上達速いですよね。

DreamWeaverを使って、あれこれ作業しているうちにfontタグの中にfontタグが入れ子になっているような、とにかくグチャグチャなソースになってしまっていました。そういえば、CSSで段組をするのも最初は分からなかったので、tableタグを使ってレイアウトしてました。CSSで配置するのではなく、tableタグを積極的にデザインに使用していたサイトは当時多かったですよねーw

まあ、とにかくそんな感じで、初めてホームページを世の中に公開することができました。サーバーは自分が使っているプロバイダーの無料サービスを使い、そのうち少しお金を出して独自ドメインを取って、ロリポップを使うようになりました。ロリポップは安くて、ポップな印象がありつつもどこか毒があって、当時はかなり印象的なサービスでしたよね。家入さんが頑張ってたんですよねー。

そのうち、無料のCGIとかを使って、ライブイベントのチケット予約フォームを設置したり、CDの通販ページを作ったりしました。それらの機能がユーザーに使われることはあまりなかったんですが、実際にオンラインで、チケットを買ってくれる人がいたり、CDを買ってくれる人がいた時には、めっちゃ嬉しかったです・・・!
 

気づいたら仕事に

音楽活動をしながら大学を卒業してフリーターになったんですが、幾つかバイトを経験した後、友人が起業したWeb制作会社でアルバイトするようになりました。あと、この頃初めてWeb制作に関してちゃんと学校に通って勉強しました。CSSがようやく分かるようになりましたw

その後は、忍者ツールズで有名な、サムライファクトリーにアルバイトで入社することができたんですよね。25歳だったと思います。ここではHTMLのことからSEO、そして最初はプログラムなんて面倒そうで嫌だったんですがPHPまで覚えました。本当、かなり沢山のことを業務を通して教えて頂きました・・・!今でもお世話になった皆さんに、感謝です。

色々あって退職することになったんですが、その頃にはPHPってすげー便利!と好きになっていて、フリーでWeb制作やろうとか、アフィリエイトに挑戦していこうとかと思って、1度目の独立をしたんですよね。そして、知り合ったWeb制作会社の社長さんから制作案件を幾つかもらえるようになったんですが、とにかく忙しすぎて何度も徹夜しましたねー。納期に間に合うかどうかがかなり際どく、70時間異常起きたまま仕事していた時があって、死ぬかと思いましよ。制作案件の洗礼を受けました。

28歳で結婚を機に再就職します。ソーシャルゲームなどを開発している会社でした。使用言語はPHPではなく、Perlだったので、日々勉強しつつ実務に取り組みました。なかなかPerl脳に慣れなくて大変でした。

ちなみにこの頃、ようやくインディーズでCDをリリースしました。

30歳を目前にして、独立して仕事をしていきたい、できれば音楽の事業に携わりたいと常々考えていた際、自分のバンドで出演していたライブイベントでFrekul海保社長(Drums)と運命的に出会い、再度脱サラ?します。

Frekulの開発を行う傍ら、自分のフリーの仕事も少しずつ増えるようになっていきました。また、いろんな人(ミュージシャンや、会社経営者、Web制作者)と出会う機会が加速度的に増えていきました。

その後も、知人を通してWeb制作の依頼が来たり、CrowdWorksLancersなども通じて制作案件を幾つかこなしました。

今後は自社(まだ法人化していませんが・・・)案件の開発に注力していける体制にしていきたいと考えています。

気づいたら仕事になっていた

ミュージシャンで食っていきたいとずっと思っていたんですが、不思議なことにWeb制作が仕事になっていました。当時は必要に迫られて「ホームページ制作」を始めましたが、まさか自分がフリーランスになり、Web制作チームまで作るようになるとは思いもしませんでした。

これから先も音楽事業などを中心にWeb制作を中心に食っていきたいと思っています。人間何がきっかけで将来が決まるか分からないものですね・・・

次回は、具体的に「Webクリエイターとしてフリーランスになる方法(後編)」を書きます!

後編を書きました!!

Webクリエイターとしてフリーランスになる方法(後編)

プロから直接学べるプログラミングスクールの紹介!PHPコースあり!

Webデザインスクールの「WebCamp」が手がけるママのためのWebデザインコース

1ヶ月の短期集中でWebデザイナーを目指せます。仕事復帰を希望する主婦やママさんにオススメです。

1ヶ月でHP作成!WebCamp

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

自己流でプログラミングを覚えようとすると、環境設定でつまづく、書いたプログラムがなぜ動かないか解決できず、多大な時間を浪費してしまいがちです。

担当の指導者(メンター)が付いてくれるTechAcademyなら、分からないことをどんどん質問して解決できます!コードレビューしてもらえるのも素晴らしい点ですね。

【TechAcademy】家で学べるプログラミングスクール

【参考記事】HTMLの勉強ならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースが短期集中でオススメ!

Web制作会社が立ち上げたWebデザイナー育成スクール Web塾超現場主義

Web制作に実際に携わっている講師陣が、現場で通用するスキルを伝授します!卒業後は転職支援、仕事紹介などを行っており、フリーランス独立する道を探すこともできそうです。

まだ「独立・開業はちょっと...」という方へは、当社の制作案件をお手伝いして頂く道も開けます。
Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景