KVKの混合水栓「C37SKS2A」に分岐水栓「CB-SMD6」を取り付ける方法

男ならDIY!

分岐水栓の取り付けにだいぶ慣れてきた@tomicciです。

引越しで、KVKの混合水栓「C37SKS2A」に分岐水栓「CB-SMD6」を取り付けたよ。

前回は、昨年の12月にTOTOの混合水栓「TKGG31E」に分岐水栓「CB-SSH8」を取り付けたんだよね。

男ならDIYですよね!どうも、Tomicciです。家のこと、車のこと、バンドのレコーディング・・・世の中の大抵のことにはDIYでチャレンジできる時代です。失敗も多いですが、最初から専門家に任せるよりも安上がりだし、何

慣れれば15分もあれば取り付けできるよ。

さて、それでは取り付け方をご紹介。

C37SKS2A(KVK)

これがKVKのC37SKS2Aの写真。

どこにでもある、ごく普通の蛇口。

KVK C37SKS2A

付け根のところをよーく見ると、「KVK C37SKS2A」と書いてあるね。

このままだと食洗機をつけることができないんで、分岐水栓を購入。

CB-SMD6

KVK C37SKS2Aに適合する分岐水栓は「CB-SMD6」というもの。

Amazonで8,000円ちょっとで購入。もうちょっと安ければいいんだけれど…

テープを剥がした後の写真だけど、こんな感じの箱に入っている。

CB-SMD6

中身はこんな感じ。

CB-SMD6

本体はごつくてかなりの重量。しっかりした作りであることが容易に伝わる。

でもさ、もうちょっと安ければいいんだけれど…

CB-SMD6

CB-SMD6の取り付け

CB-SMD6を取り付ける前に、説明書をよく読もう。

もちろん説明書は商品にもしっかりと同封されているが、下記URLで確認することも可能。

ちゃんと工具が揃っていれば所要時間は15分〜30分程度だ。

先に作業して困った点を書くと、途中でカバーナットというパーツが手持ちの工具ではどうやっても回らず、モーターレンチというものが別途必要になった。

安く売っていないかなと、100均、モームセンター、中古工具店まで回ってみたが、結局またAmazonで購入した(笑)

必要な工具は、

1. モンキーレンチ
2. モーターレンチ(場合によっては不要)
3. KURE 5-56(場合によっては不要)

となる。

まずはキッチンの止水栓を閉める。水とお湯、両方止めないとダメ。

マイナスドライバーとかで、ネジを時計回りで閉まる。

もし、キッチンの水道に個別の止水栓がない場合は、家全体の水を計測している量水器を一時的に止めよう(よそのお家の水を止めないよう慎重にね)。

男ならDIYですよね!どうも、Tomicciです。家のこと、車のこと、バンドのレコーディング・・・世の中の大抵のことにはDIYでチャレンジできる時代です。失敗も多いですが、最初から専門家に任せるよりも安上がりだし、何

水を止めたら、いよいよ本格的な作業の開始。

蛇口のハンドルを上方向に引っ張る。ネジは不要なのね。簡単に外れた。

説明書にはドライバーを使っている図があったので、蛇口によっては必要なのかも??

ハンドル部分を外すとこんな感じ。

ハンドルの直下がカバーナットという部品になっている。

カバーナットの上部にはレンチで回せるような部分(31mm)が付いているのだが、これを回すのが一苦労...

手持ちの工具ではうまく回らなかったので、モーターレンチをAmazonで購入した。

また、めちゃくちゃ硬い気がしたため、念のためKURE 5-56もナット部分に吹き付けておいて一晩放置した。

モーターレンチが到着して、いよいよ作業再開。

モーターレンチは頼もしいのだが、それでも回すのは苦労した。ナット部分が少しグニュっと変形してしまった。。

カバーで隠れるからよしとしよう。

カバーナットが外れると、カードリッジと呼ばれる部品が顔を出す。

カードリッジは手で簡単に外せるのだけど、溜まっていた水が噴き出すので、タオルなどをあてがっておいたほうがいいだろう。

カードリッジを取り外せたら、分岐水栓を乗せる。

分岐水栓本体を上から押すと、真ん中の部品が下に降りる。この作業をしないとうまくはめられないので注意!

分岐水栓を無事に乗せることができたら、その上にカードリッジを乗せる。

元どおり、カバーナット、ハンドルを取り付け、分岐コックを取り付ける。

途中の写真がないが...完成!!!

水を止めていた止水栓のネジを回し、水を使えるようにして、無事快適な食洗機生活が戻ってきた!!!

結構簡単な作業なんで、分岐水栓を取り付けようと思っている方は是非チャレンジしてみてくださいねー。

Facebookアカウントでコメント

※本コメント機能はFacebookによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してザ サイベースは一切の責任を負いません。

ABOUTこの記事を書いた人

とみっち

埼玉でザ サイベースを主催しています。Webクリエイター。フリーランス歴7年。飄々と生きています。これでも育児頑張ってます。長野市出身。 @tomicci 詳しいプロフィール【興味】ギター/DTM/Web/車/田舎/旅/酒/育児 自然の音からデスメタルまで聴きます。【運営サイト】 ザ サイベース おと風景